本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大邱先端財団、ヘルスケア4.0共存協力フォーラムを開催へ
作成日
2019.04.29
ヒット
119

聨合ニュースによると、


【大邱聯合ニュース】ホン・チャンジン記者=「ヘルスケア4.0大邱慶北共存協力フォーラム」が、大邱慶北先端医療産業振興財団(以下「大邱先端財団」)のコミュニケーション大講堂で今月25日に開かれる。

大邱先端財団によると、24日、今回のフォーラムでヘルスケア及び医療機器産業の産・学・研の関係者らが集まり、ヘルスケア産業の現況と展望を共有し、地域のヘルスケア主体に事業計画の情報を提供する。

キム・ヒチャン大韓医用生体工学会の会長が「スマートヘルスケアの動向と展望」をテーマにキーノートスピーチと、イ・ヨンジュ韓国情報化振興院博士(ICT融合本部)が「ビッグデータ基盤のヘルスケア政策方向」について講演を行う。

大邱先端財団は今後、亀尾電子情報技術院とともにフォーラムで議論する人工知能(AI)医療機器、医療ビッグデータ、ディジタルヘルスケアなど、ヘルスケア4.0時代の核心技術の共同開発に取り組む方針だ。

キム・ジョンウォン大邱先端財団の先端医療機器開発支援センター長は「第4次産業革命を通じて、断絶した分野の技術が融合されるヘルスケア4.0時代を迎え、地域の医療機器産業生態系の構築を推進し、共存発展する基盤を築きたい」と述べた。

realism@yna.co.kr


原文記事
出所:聨合ニュース(2019.04.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。