本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大邱TPに外資企業が初竣工へ
作成日
2012.10.25
ヒット
250
제목 없음

聯合ニュースによると、

日本の中村留精密工業()25日、大邱テクノポリスに韓国工場のKNT()を竣工する。

大邱慶北経済自由区域庁(DGFEZ)は昨年12月、テクノポリスに中村留精密工業の投資を誘致した。

中村留精密工業は工作・光学機械分野の超精密複合加工機を製造する中堅企業で、経済自由区域の外国人投資企業としては初めて大邱テクノポリスに工場を竣工する。

KNT19800㎡の敷地に建築面積は約5200㎡規模で、計220億ウォン程度の事業費が費やされた。

KNTは年末まで34人の新規職員を採用し、各種の設備を揃えて来年初めから正式稼動する計画。

竣工式には中村留精密工業の中村健一社長など同社の役職員と大邱市のキム・ボムイル市長、DGFEZのチェ・ビョンロク庁長などが出席する。

KNTが入居した大邱テクノポリスは産・学・研・住居の複合団地で、現在75%の工程率を見せている。来年6月に竣工予定。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.10.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。