本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大邱のベンチャー企業、香港の博覧会で200万ドルの輸出
作成日
2012.11.21
ヒット
235
제목 없음

聨合ニュースによると、

設立3年目となる大邱の新生ベンチャー企業が世界3大美容博覧会の「コスモプロフ・アジア2012」で約20億ウォンの輸出契約を締結する成果を上げた。

今月14日から3日間香港コンベンションセンターで開催された博覧会に出展した()U-BioMedは、中国の化粧品専門企業と195万ドル規模の輸出契約を締結した。

同社の主力製品は「Tok-Tok」という名前のマイクロニードル。

幅が100um(1/1000mm)に過ぎないこのニードルは蚊の針のように細く、痛みなく皮膚や頭皮に薬物を注入することができる。

特に、少量の薬物を正確に注入できるため、高価の薬物を節約できる点が中国バイヤーにアピールしたと会社側は説明した。

グローバル市場への進出に向けてISO13485CEなどの海外認証を取得しており、製品に対する検証済みだったことも製品の信頼性を高める要素となった。

大邱テクノパークのイ・グンウ企業支援団長は「今回の博覧会で納めた成果を通じて、技術力の重要性を改めて確認した」とし、「韓流ブームのおかげで韓国製品の人気が高まった点も一助した」と話した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2012.11.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。