本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大邱市、「ようこそ優良企業」 密着型投資誘致へ
作成日
2013.02.12
ヒット
377
제목 없음

聨合ニュースによると、

大邱市が大邱国家産業団地などに優良企業を誘致するために全力で取り組んでいる。

市は11日、先端医療複合団地、テクノポリス、国家産業団地など大企業または優良企業が入居できる基盤を整えており、成果を上げるために市の力を集中して取り組むことを明らかにした。

そのため、今年は達城郡求智面国家産業団地に対して外国人投資地域の指定を推進し、下半期には地域企業に産業用地を供給する予定。

地域企業の工場新・増設にも今年は120億ウォンを支援する。

特に、工場の新・増設に投資する地域の企業には地方投資促進補助金を拡大支援するなど、国内外に向けた競争力を強化して優良企業に育成する方針。

市は2011年を「大企業誘致元年」に宣布し、投資誘致組織の拡大、民間投資誘致専門家の諮問官委嘱など攻めの投資誘致活動を展開した。

その結果、投資誘致の実績tが2011年に初めて1兆ウォンを達成した。2012年にも()SMEC、現代カミンズエンジンなどを誘致するなど、引き続き成果を上げている。

キム・ボムイル市長は「長引く国内外の景気低迷や首都圏との遠い距離、割高な産業用地価格など企業誘致に厳しい様々な要因があるものの、企業密着型戦略などを通じて大きな成果を上げていく」と話した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.02.11)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。