本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大邱・慶北、先月貿易収支が38億ドルの黒字
作成日
2013.06.17
ヒット
217
제목 없음

聨合ニュースによると、

大邱・慶北地域の先月の貿易収支が黒字を記録したことがわかった。

大邱本部税関が14日に発表した内容によると、大邱・慶北地域の5月の輸出額は565500万ドルで、前年同月に比べて16%が増加した。また、輸入額は対前年同月比で14%減少した181800万ドルとなり、貿易収支は383700万ドルの黒字を記録した。

品目別輸出実績の場合、電気電子製品と機械・精密機器は前年同月に比べてそれぞれ35%15%の増加となった。一方、鉄鋼・金属製品と軽工業品は13%2%の減少を見せた。

主要輸出国は中国(25%)、東南アジア(20%)、米国(14%)、中南米(9%)、欧州(8%)、日本(8%)などの順となった。

品目別輸入実績は前年同月に比べて電気機器類(57%)、半導体(57%)などは増加した一方、鉄鋼(-37%)、鋳鉄(-24%)、化工品(-4%)などは減少した。

主要輸入国は日本(22%)、中国(21%)、豪州(16%)、東南アジア(11%)などだった。

大邱税関は「スマートフォンのグローバル市場拡大により、地域の主力輸出品目の電気電子製品の輸出が増加し、機械類及び輸送装置も引き続き輸出の好調が続いた」とし、「日本や米国などに対する輸出が増加するなど、円安を始めとする様々な悪材料の中でも地域の輸出は3ヶ月連続で増加を記録している」と話した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.06.14)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。