本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
壽城医療地区、米国患者誘致・医療観光団地造成を議論
作成日
2013.08.27
ヒット
381
제목 없음

国会図書館で海外専門家を招いたセミナー開催

大邱壽城医療地区に米国患者の誘致と医療観光クラスターの造成を図るための海外専門家招請セミナーが26日、国会図書館小会議室で開催された。

セヌリ党のイ・ハング議員が主催し、大邱慶北先端医療産業振興財団が主管したこのセミナーには政府公務員や国内主要病院の医療観光担当者、米マイアミ大学病院の関係者などが出席した。

マイアミ大学病院グループのDaniel Snyder最高経営者(CEO)はセミナーで「マイアミ大学病院とともにヘルスリゾートをどのように運営していくか」をテーマに発表を行った。

また、マイアミ大学経営大学のSteve Ullmann教授が「良い医療サービスと比較的に合理的な費用で長期疾患を持つ患者たちを韓国でケアする方法」について、シカゴ大学のAndea Read研究員は「米国の医療保険患者のためのメディカル・ガーデンをどのように運営していくか」について発表した。

さらに、米国のオバマ政権が医療改革を行った後、韓・米政府の協力モデルとして滞在型の医療観光団地を造成する案についても議論が行われた。

セミナーに出席した海外専門家らは27日に大邱を訪問してキム・ボムイル市長と会い、大邱慶北先端医療複合団地、壽城医療地区などを見回る予定。

大邱市と大邱慶北先端医療産業振興財団は壽城医療地区にマイアミ大学病院の分院を設立し、米保健会社が送り出す患者を誘致して診療から治癒までをケアする滞在型医療観光クラスターを造成することを推進している。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.08.26)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。