本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
韓国ロボット産業振興院、大邱にロボット産業R&BDセンター建設
作成日
2014.01.24
ヒット
212

聨合ニュースによると、

(大邱=聨合ニュース)チェ・スホ記者=韓国ロボット産業振興院が今年から総事業費376億ウォンを投入して、ロボット産業商用化技術開発(R&BD)ハブ構築に向けたクラスターセンターの建設に着手する。

2015年5月まで北区第3工業団地内の1万2千53㎡敷地に建設される同センターには、地上5階・地下1階規模のロボット革新センターと地上1階規模のロボット協同化ファクトリーなどが設けられる。

ロボット革新センターは、企業入居施設38ヵ室とロボット製品開発・検証装備などを備える予定。

ロボット協同化ファクトリー内にはロボット企業の製品商用化に向けた各種の装備が設置される。

韓国ロボット産業振興院はセンターが完成すると、ロボット製品の開発、製作、性能評価、量産、発売などを一気に支援することができると説明した。

また、ロボット関連機械・部品など主力・戦略産業の競争力強化にも寄与すると見ている。

韓国ロボット産業振興院のジョン・キョンウォン院長は「大邱が名実ともに国家ロボット産業のメッカに生まれ変わるようベストを尽くす」と述べた。

suho@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.1.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。