本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大邱市、環境に優しい低NOxバーナー設置支援事業推進
作成日
2014.03.26
ヒット
335

大邱市は21日、中・小事業場とアパートなどのボイラーに使われるバーナーを大気汚染物質が少ない環境に優しいバーナーに取り替える「低NOx バーナー設置支援事業」を推進すると発表した。

市は大気汚染物質の窒素酸化物の削減とエネルギー節約に向けて、今年、低NOxバーナー交替事業に計14億ウォンを投資する。

低NOxバーナーは、燃料の燃焼条件をコントロールして窒素酸化物の発生量を削減するバーナーであり、一般バーナーに比べて窒素酸化物は60%程度低く排出され、燃料費も約5%節約する効果がある。

支援対象は中小事業場、非営利法人と団体、業務・商業用建築物、共同住宅に設置されたボイラーなどの一般バーナーである。

年末まで事業費の範囲内で申請を受け付ける。

支援優先順位は、製造業事業場、大容量、老朽化したボイラー等の順で支援する。

容量別支援額は0.3トン以上420万ウォンから10トン以上最大2100万ウォン。

支給対象者申請書と大気排出施設の設置許可書などの書類を大邱市環境政策課に提出すれば済む。

詳しい支援基準は大邱市ホームページの告示で確認できる。


原文記事

出所:ニューシース(2014.3.21)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。