本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大邱市、中国の燕达グループと医療観光業務協約締結
作成日
2014.05.12
ヒット
208

聨合ニュースによると、

【大邱聯合ニュース】キム・ヒョジュン記者=大邱市は4日、中国の燕达グループと医療産業発展に向けた業務協約を締結したことを明らかにした。

燕达グループは不動産開発会社とホテルなど、17社(社員1万人)の子会社を保有する中国財界20位の大企業だ。

2011年から医療観光事業に進出するため、北京に燕达国際健康タウン、燕达国際病院などを建設した。

これを受けて、市と燕达グループは医療機関間の学術情報交流、医療チームの教育・研修、医療技術共同研究など、医療産業の発展で協力することにした。

市は、今月末に中国を訪問して大邱医療機関と燕达国際病院が医療産業分野で協力できるモデルを模索する計画だ。

kimhj@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2014.5.2)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。