本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大邱市、韓国自動車チューニングメッカに浮上
作成日
2014.10.24
ヒット
174

第1産業通商資源部長官杯のチューニングカーレーシング大会(Korea Drag Challenge)が11月15日、大邱達成郡求智面知能型自動車部品振興院大邱試験場で開催される。

23日、大邱市によると、産業通商資源部と共同で開催する今回の大会はドラッグレース分野で韓国で初めて国際公認された大会だ。

大会の公信力と安全確保のレベルで国際公認機関(国際自動車連盟•FIA)から大会の開催までに公認を受ける予定だ。

チューニングカーレーシング大会とは、海外でドラッグレースという名前で知られており、 F1世界選手権次に人気のあるモータースポーツである。

産業部と大邱市は、既に大会の開催に向けて韓国チューニング産業協会(KATIA)を介して、参加者を募集した結果、計120台が大会に参加することになった。

大邱市はチューニング産業を自動車部品分野の新産業に育成し、中小部品整備企業中心の新しい雇用を創出するため、2017年から4年間、国費290億ウォンと市費90億ウォン、民間投資10億ウォンなど計390億ウォンを投入して大邱チューニング専門支援センターを設立する。


原文記事

出所:ニューシース(2014.10.23)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。