本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
大邱市、「医療技術試験訓練院」設立を本格的に推進
作成日
2015.08.31
ヒット
308

聨合ニュースによると、

毎年、5万人以上の保健・医療従事者の訪問を予想

【大邱聯合ニュース】チェ・スホ記者=大邱市は保健・医療分野の人材育成、医療技術の先進化などを目指し、医療技術試験訓練院の設立を本格的に推進する。

大邱市は2020年まで国費・市費など約1240億ウォンを投入し、東区先端医療複合団地内の敷地1万9868㎡に、地下1階・地上6階建ての医療技術試験訓練院を構築する計画だ。

訓練院内には、医療分野の人材を輩出するための国家試験センターと医療技術教育訓練センターが設置される。

大邱市は訓練院が完成する2020年から、毎年保健・医療従事者5万~10万人が大邱を訪れるものと見ている。

また訓練院の建設を通じて、3900億ウォンの生産誘発効果、1700億ウォンの付加価値誘発効果を期待している。

同市の権泳臻(クォン・ ヨンジン)市長は、「医療技術試験訓練院の設立により、メディカルシティ・大邱の存在感が一層高まるだろう」とし、「医療関連多国籍企業の誘致も期待している」と述べた。

suho@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事
出所:聨合ニュース(2015.08.06)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。