本文ショートカット メインメニューのショートカット

主要産業団地

  • Home
  • 投資プロジェクト
  • 主要産業団地
韓国の先端科学産業の新しいメッカ、井邑先端科学産業団地
作成日
2020.01.17
ヒット
669

■ 井邑先端科学産業団地の概要

  • 位置 : 井邑市新井洞及び笠岩面一帯
  • 事業規模 : 200万㎡(60万坪)
    (1段階90万㎡、2段階110万㎡)
  • 事業期間 : 2005~2016年
    (1段階2005~2013年、2段階2010~2016年)
  • 誘致業種
    - RFT及び食品、生命生物産業、先端科学など

■ 交通条件

  • 高速道路 : 湖南高速道路インターチェンジ(井邑、泰仁、內藏山)↔ソウル(2時間30分)
  • 鉄道 : 井邑(KTX)↔ソウル(1時間14分)
  • 空港 : 群山空港(40分)、光州空港(30分)
  • 港湾 : 群山港(40分)、セマングム新港(30分)

■ 基盤施設

  • 用水供給 : 工業用水6,500㎥/日、生活用水3,200㎥/日
  • 電力供給 : 団地内に変電所設置(2段階計画)
  • 都市ガス : ガス公社と協議し、供給予定
  • 廃水処理 : 廃水処理場設置(2段階計画)

■ 期待効果

  • 投資を成功に導く最高の投資環境
  • 産業、住居、商業、緑地、便宜空間が共存する快適な空間
  • 3つの国策研究機関の研究成果技術の移転とRFT産業の育成により、未来の井邑経済を先導する新たな成長の動力を創出
  • 医療、精密光学器械、化合物及び化学製品業種を基盤にし、放射線技術(RT)、生命工学(BT)、放射線融合技術(RFT)など放射線産業に関する業種が入居予定