本文ショートカット メインメニューのショートカット

大田の現況

  • Home
  • 大田の紹介
  • 大田の現況

北東アジアのハブ都市、大田に投資しましょう。

この約40年間、大田は科学によって韓国の未来をリードしてきました。大田は韓国で最も投資に適した都市です。
内容準備中です。 画像拡大
大田 面積, 人口, 経済活動人口, 輸出入
面積 人口 経済活動人口 輸出入
540km² 147万人 806千人 輸出 4,049百万ドル
輸入 3,172百万ドル
(輸出入貿易統計, 2019年現在)
※ 大田広域市 統計資料, 2017.12月現在

研究開発と知識産業の中心地

大田は韓国を代表する科学都市です。韓国最高の研究開発特区である大徳研究団地には政府出捐研究機関と企業研究所クラスターが形成されており、ITやBTなど最先端分野の中小ベンチャー企業が活発に企業活動を展開しています。

韓国行政の中心

大田には政府大田庁舎、教育司令部、軍需司令部があり、政府世宗庁舎も近くにあります。関税庁、調達庁、特許庁など国の行政機関が密集している大田は、投資企業を速やかに支援するための各種許認可のワンストップサービスを提供します。

質の高い生活環境

大田には外国人も快適に暮らせる質の高い生活インフラが整っています。韓国で初めて国際バカロレア(IB)を導入した大田外国人学校と良質の外国人専用医療サービスを提供する機関が所在しています。また、国際科学ビジネスベルト拠点地区内に大田外国人投資地域(FIZ)誘致を積極的に推進し、外国人投資家の企業活動を最大限支援する計画です。

国際的な信用度を有する投資適格地

世界有数の格付け機関から高い格付けを得た大田は、ビジネスしやすい最高の都市です。 2014年に日本の大手格付け会社である日本格付研究所(JCR)から7年連続で「A+」、2015年にムーディーズから3番目に高い格付けである「Aa2」を取得し、投資適格地としての位置を固めました。