本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
気象技術院の職員40%が2年以内に移転 大田駅近に気象クラスター
作成日
2022.01.10
ヒット
49

聨合ニュースによると、


【大田聯合ニュース】ヤン・ヨンソク記者=中小ベンチャー企業部(中企部)の代替機関に含まれた韓国気象産業技術院の立地が大田駅近開発地区に選ばれた。

大田市と東区、韓国気象産業技術院は、昨年12月24日にこのような内容を盛り込んだ業務協約を締結し、気象クラスター造成計画を発表した。

大田市などは大田駅近開発地区内に気象企業成長支援センター、人材養成センターなどを中心にクラスターを造成し、気象分野企業を育成する計画だ。

技術院は2023年末まで職員(134人)の40%以上を東区に移転し、2025年末まで機関移転とクラスター造成を完了させる方針だ。

同クラスターの造成で20社以上の企業を誘致すると市は期待している。

大田市と東区は、職員住居施設を確保できるように行政支援を行い、職員が安定的に定着するようにサポートする方針だ。

一方、中企部の世宗市移転による代替機関に気象庁と韓国気象産業技術院、韓国林業振興院、韓国特許戦略開発院が大田に移転する予定だ。

youngs@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.12.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。