本文ショートカット メインメニューのショートカット

Taegu Tec(株)

  • Home
  • 投資メリット
  • 外国人投資企業の成功事例
  • Taegu Tec(株)

Taegu Tec(株)

会社概要

世界唯一のタングステン一貫生産体制を備えたテグテック(株)は、国内最大の切削工具及び関連産業製品を生産するタングステン専門企業で、国内生産量の60%以上を輸出している。テグテック(株)はイスラエルの「ISCAR」を親会社とする地域を代表する外国人投資企業であり、グローバルマーケティング能力と生産能力を兼ね備えた優良企業として評価されている。また、ヨーロッパ、アジア、アメリカ大陸12カ国の海外支社と全世界をカバーする80社以上のテグテック専門代理店、インド・中国の現地工場を展開している。

一般現況

  • 投資国家/投資企業: イスラエル/ ISCAR
  • 設立年度: 1998年8月
  • 代表: Moshe Sharon
  • 従業員数: 900人
  • 主要生産品目: タングステン、カーバイド切削工具、セラミック切削工具等
  • 住所: 大邱広域市達城郡嘉昌面龍溪里304番地

沿革

  • 1952年9月 : 大韓重石(株)設立
  • 1998年8月 : イスラエルISCAR社による引き受け及び社名変更(テグテック(株) / TaeguTec Ltd.)
  • 1999年2月 : 大邱に本社を移転

競争力及びビジョン

テグテック最大の競争力は、業界最高レベルの生産設備と優れた人材稼動システム及びグローバルマーケティングにある。また、全従業員の10%に当たる研究開発人材が業界最大規模の総合技術研究所内で研究開発に取り組んでおり、2000年から稼動を始めたインドの現地工場からは、現地販売の全部を調達している。また、生産工場の新設と海外営業網の拡充を通じて世界10大工具メーカーへの成長を目指している。