5 インターネット網だけでなくOTネットワークまで! サイバーセキュリティ分野のグローバル革新企業! (株)CTiLab詳細を見る | Future Unicorn | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

Future Unicorn

  • Home
  • 情報センター
  • Future Unicorn
インターネット網だけでなくOTネットワークまで! サイバーセキュリティ分野のグローバル革新企業! (株)CTiLab
作成日
2022.05.04
ヒット
113

会社紹介

CtiLab(シーティーアイ・ラボ)は2015年11月に設立され、AIモデリング専門家、データサイエンティスト、セキュリティ専門家、プラットフォーム開発者の21人で構成された企業です。高い技術力に基づいて新韓銀行、韓電KDN、産業通商資源部、国家情報資源管理院、K社などの事業を担当した経験があります。主力製品は人工知能基盤次世代セキュリティプラットフォームのDTI(Deep Threat Intelligence™)で、一般的なITネットワークだけでなくSCADA(監視制御・データ収集システム)/ICS(産業制御システム)などの産業系ネットワーク(OT Network)での異常動作まで検知可能な次世代コンバージェンス・サイバーセキュリティプラットフォームを保有しています。技術力が認められ、科学技術情報通信部指定の2021優秀情報保護技術に選定(‘21.11.)され、ガートナー(Gartner)グローバル革新技術検証が進められています。

開発の背景

SCADA/ICSなどの産業系ネットワーク領域は国の中核的な基盤インフラであるが、従来のセキュリティーシステムではAPT(知能型の持続的な脅威)攻撃などを防御するには限界があり、セキュリティ技術の適用は不十分な状況である。
* OTネットワーク(Operational Technology Network):SCADA/ICSなどの産業用ネットワーク。標準化されたプロトコールがなく、未公開であるため、商用製品開発が難しい。従来の技術では汎用製品の開発が不可能。

製品及び技術紹介

  • 人工知能を活用して一般的なインターネット網(IT Network)だけでなく、SCADA/ICSなどの産業系ネットワーク(OT Network)での異常動作検知まで可能な世界初の革新技術を保有
    ※ 運用プロトコールの種類と関係なくネットワーク異常動作検知が可能なオリジナル特許技術を保有
  • 韓国最高の人工知能サイバーセキュリティ技術を保有
    • 韓国で初めてサイバーセキュリティ分野にXAI(eXplainable AI:説明可能なAI)を適用:AIの脅威判断に対する明確な根拠の可視化を提供。AIモデルに対する信頼性及び画期的な脅威追跡性の確保
    • 韓国初のサイバー脅威自動分類技術(Auto Profiling)を適用:従来、セキュリティ担当者が手作業で脅威を分析して分類していたものをAIがAIモデルでパラメータを生成/適用してサイバー脅威を自動分類
    • 韓国で初めてサイバー脅威の危険度を自動的に数値化するThreat Scoring技術を完成

会社の競争力及び事業戦略

  • 韓国最高の人工知能サイバーセキュリティ技術を基盤に国内SOAR市場を攻める予定
    グローバルセキュリティのトレンド、SOAR (Security Orchestration, Automation and Response)
    • サイバー脅威に対応して強力なAIで構築された自動化プロセスを基盤に、迅速かつ即時の対応を可能にする技術(Gartner、2017)
    • 強力なAIを活用してサイバー脅威への対応プロセスを自動化することがポイント
    • SOARの主要機能はサイバー脅威への対応プロセスの自動化である。
    • サイバー脅威への対応プロセスは脅威に対する完全な可視性(Total Visibility)の確保がカギとなるが、CTiLabはそのための基盤技術を確保している段階。
    • サイバー脅威の主体を判断する攻撃グループ識別技術も今年中に確保する予定。
      ⇒ 韓国のSOAR市場を先取りすることが可能。
  • 世界で初めてSCADA/ICSなどの産業系ネットワーク(OT Network)領域の異常動作検知が可能な人工知能基盤オリジナル特許技術を保有
  • 技術力の評価
    • 科学技術情報通信部指定の2021優秀情報保護技術に選定
      ※ 世界初のAI基盤の次世代コンバージェンスサイバー脅威検知技術 DTI
    • 世界的なIT専門リサーチ機関ガートナー(Gartner)によるグローバル革新技術検証プロセスが行われている。
人工知能(AI)基盤の主導的・能動的防御体系SOAR構築 사이버 보안 분야 글로벌 혁신 기업 (주)씨티아이랩
  • OT Networkは、SCADA、ICSなど産業用ネットワークを意味。電気/エネルギーの国の基盤インhるあ制御網において侵害事故が発生する場合、国レベルの災難発生
사이버 보안 분야 글로벌 혁신 기업 (주)씨티아이랩
  • CtiLabはOTネットワークのプロトコール種類と関係なく異常動作の検知が可能なディープラーニング基盤の特許技術を保有

    CTiLab保有特許技術
    区分 ネットワーク OTネットワーク
    プロトコール TCP/IP 標準 Modbus、DNP3など約100種以上
    主なセキュリティ対象 データ 物理的生産・運用設備

今後の計画

  • グローバルSOAR市場及びOTネットワーク市場を攻める計画
    • 韓国最高の人工知能サイバーセキュリティ技術(XAI、Auto Profiling、Threat Scoring)を利用してグローバルセキュリティのトレンドとなっているSOAR市場を攻略。
    • OTネットワークの運用プロトコールに関係なくネットワーク異常動作の検知が可能なオリジナル特許技術に基づいて国内電力制御網、発電制御網で異常動作検知事業を行った経験から、グローバルOTネットワーク市場を攻略していく。
  • CTiLabのオリジナル特許技術基盤電力制御網・電力制御網事業の経験でグローバル市場攻略
  • 電力制御網及び電力制御網の異常兆候検知を通じた制御網データの特性を経験
    * 韓電KDNの電力制御網と発電制御網は規模及びIoTぎおじゅつの適用という観点からグローバルベンチマークの対象

出所:チョ・ホンヨン代表、(株)CTiLab
http://ctilab.ai

メタ情報