5 韓国サブウェイインターナショナル(Subway International Korea)詳細を見る | 韓国進出の成功事例 | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

韓国進出の成功事例

  • Home
  • Why KOREA
  • 韓国進出の成功事例
[消費財 / アメリカ] 韓国サブウェイインターナショナル(Subway International Korea)
作成日
2016.09.02
ヒット
2042

panasonic korea


「基本に忠実」を貫く韓国サブウェイインターナショナル


多くの企業が最新トレンドを負うことに必死になっている中、サブウェイは過去50年間こだわってきた原則に集中している。創業者のFred DeLuca氏が第1号店をオープンした1965年以来、サブウェイは客の注文を受けてから潜水艦のような長楕円型のパンに野菜をたっぷりはさんだサンドイッチを作る、固有の営業スタイルを維持している。今や世界112カ国に4万4千店舗を展開するグローバル外食企業に成長した。

2007年から韓国サブウェイインターナショナル(Subway International Korea)を率いてきたColin Clark代表は、「当社が最も重視しているのは、企業ブランドを貫くことです」と話す。「韓国に進出した外国企業の中では、ブランドの変化を図るあまり企業自身の強みを失ってしまい、失敗するケースが多く見られます。韓国の消費者も他の国の消費者と大きく変わらないため、結局求めるものは同じだと思います。多様なメニュー、迅速なサービス、体に優しい食べ物で十分なのです」。

韓国は、サブウェイがバーレーン、カナダ、英国に続き、4番目に進出した海外市場だ。ウェルネスと健康な食生活への関心の高い韓国は、新鮮な食材を強調するサブウェイが事業を拡大する上で、もってこいの場所だった。現在韓国には179店舗があり、韓国市場はここ3年間、アジア地域で最も高い成長率を示した。サブウェイが韓国に進出した理由について聞くと、Clark代表はビジネスに優しい環境と消費者の購買力の高さを挙げた。他のアジアの国とは違って、韓国では外国企業が進出するための手続きが迅速・便利・透明であるということだ。同氏は、「韓国は外国企業を非常に効果的に支援しており、事業許可を取得する際にも不便を感じることはあまりない」と説明した。

Clark代表は世界経済が低迷する中、韓国経済は堅調に推移しているが、これは特に充実した自由貿易協定(FTA)ネットワークに支えられるところが大きいと強調した。中でも韓国・米国FTAにより、米国系企業のビジネス拡大の機会が増大している。Clark代表の説明によると、サブウェイで使われているほとんどの食材は、FTAが発効していなければ、関税などの規制により輸入が厳しいという。韓国は米国や中国、欧州連合(EU)など53国・地域とFTAを締結することで、サブウェイのような企業が進出しやすい環境を構築した。

韓国サブウェイの成長において大きな役割を果たしたのは、韓国国内企業との緊密な協力と地域経済に対する積極的な支援だった。サブウェイは地域の流通・供給・輸入業者と共同で運営される構造になっているため、ビジネスを通じてシナジー効果が発生し、協力関係が強化される。サブウェイは今後、食材と設備の韓国国内調達を拡大する計画だ。Clark代表は「韓国は製造業の技術レベルが非常に高く、今後韓国企業から設備を購入する考えだ」と話した。

現在は成功を続ける韓国サブウェイインターナショナルだが、これまでの道のりは決して平坦なものではなかった。韓国に進出した当時は、様々な問題にぶつかる場面もあった。初期は食品関連規制のため、経営が容易ではなかったという。外国企業が抱える問題を解決するため、政府レベルの政策改善が行われているが、Clark代表は依然として時代遅れの多くの規制が残されており、現実を反映する必要があると話した。食品関連規制と共に、労働法と税法が改正されれば、外国企業のビジネス展開がより容易になるという意見も示した。外国企業にとって公平な競争環境が整うように、より効率的で透明な政策が実施されるなら、韓国はより魅力的な投資先になるということだ。

韓国市場では国内外外食企業が日々成長を遂げており、サブウェイも一層厳しい競争にさらされている。しかしClark代表は、競争が消費者に恩恵をもたらすという点で、このような状況を前向きに捉えている。競争が厳しくなるほど、企業は消費者により良いサービスと製品を提供するため、努力を怠らないということだ。Clark代表は、サブウェイが特により良質な材料を使用し、韓国の消費者に最高のサービスを提供できるよう、最善を尽くしていると強調した。

サブウェイは世界的な外食企業だが、韓国では成長を始めたばかりであると、Clark代表は話す。韓国サブウェイは今年中にソウル以外の地域で店舗を200ヵ所まで拡大する計画を持っており、これを通じて今後も韓国企業との協力関係強化と同時成長に取り組みたいと意気込んでいる。


By Esther Oh (estheroh@kotra.or.kr)
Executive Consultant/Invest Korea



メタ情報