本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

韓国進出の成功事例

  • Home
  • Why KOREA
  • 韓国進出の成功事例
[消費財 / その他] レゴ・コリア(LEGO Korea)
作成日
2017.04.27
ヒット
1796


ブロックで未来を作り上げる世界一の玩具会社 レゴ


KOTRA Expressはここ1年半の間、化粧品や化学素材から人工知能、自動車まで様々な産業の企業と数多くのインタビューを行ってきた。しかし、どの企業も「レゴ社」のように懐かしいと言わせたことは無かった。この投稿を読んでいる人を含め、人類が片時もスマホから目を離せない時代、社会の至るところがデジタル化する時代に来ているが、レゴ社が作る色とりどりのブロックは子どもと遊び心を持つ大人たちに愛されている。レゴ社の全製品は一つの「普遍的なシステム」によって設計され、生産年度や商品に関わらずお互い組み合わせることができる。つまり、1965年に生産されたブロックでも2017年の製品とぴったりくっつくわけだ。過去と現在、そして未来をつなぐこうした連結は消費者に想像力を表現する無限な可能性を与えている。レゴマニアは数十年もかけて実物サイズの住宅から緑豊かな森、さらには視覚障害者のための点字プリンターまで作り、想像力を遺憾なく発揮している。

レゴ・コリアのボ・H・クリステンセン(Bo H.Kristensen)代表は老若男女誰もがブロックで固定観念を壊すチャレンジ精神を受け継いでいきたいと話し、韓国は世界一イノベーティブな国として、事業家と消費者に理想的な環境を提供していると付け加えた。クリステンセン代表はレゴ・コリアの成功について以下のように述べた。


創業の経緯について教えてください。


社名の「レゴ(LEGO)」の語源は「leg godt」、デンマーク語で「よく遊ぶ」という意味です。

デンマークのビルンに本拠点を置くレゴグループはアメリカ、イギリス、中国、シンガポールなどに支社をもつ株式非公開の家族経営の会社です。1932年、オーレ・キアク・クリスチャンセン(Ole Kirk Christiansen)が創業して以来、レゴを象徴する「レゴブロック」で世界トップの玩具製造メーカーに成長しました。

「最高だけが最善」という経営哲学のもと、子どもの発達促進を中心に創意的な遊びと学習を通じて明日を担う主役を励まし、養成することを目指しています。レゴの製品は世界中で販売されています。

1984年に設立された㈱レゴ・コリアは現在、セールス、マーケティング、顧客サービスに集中しています。韓国に所在するレゴグループと理解するといいです。デンマークとほぼ同じレベルで運営されているので。


韓国支社を設立した理由は何でしょうか。


レゴグループにとって韓国はアジアで最も重要な市場の一つです。様々なことが学べて世界市場に試せる環境を提供してくれるからです。特に、韓国には高度に発達したダイナミックな玩具市場が形成されているため、企業は早い適応を求められています。レゴ・コリアはコンテンツのクオリティーに厳しい韓国の消費者がそうした市場の変化をリードしていると思います。

また、韓国はレゴが長期支援できる遊びの教育的な側面に大きな関心を示しています。クオリティーについていうと、韓国の小売市場は他の開発途上国より発達しています。昨年末、レゴグループの主要幹部の一人が韓国を訪れた際、小売市場の水準の高さに驚かされたほどです。

これは、韓国の労働力水準が高いから可能なことです。私は様々な角度から、特に多文化の目で状況を見極める能力の高い社員らと一緒に働くことができて嬉しいです。ビジネスに対する鋭い洞察力と幅広い理解、そして開かれた考え方を持っているので、韓国のみならず他の国に対してもよいアイデアを出してもらっています。

韓国の玩具会社には海外でも大きな文化的影響力を与え得る潜在力があります。最近の独創的で面白いストーリをもっておもちゃを作り、新たな市場を開拓していく傾向はとても効率の良い方法ではないでしょうか。

レゴは無限なる可能性を秘めた遊びです。あえて限界を選ぶなら、個人の想像力といったところです。事業の拡大可能性も大きいので、レゴは普通のおもちゃを越えて映画、展示、文化コンテンツ、教育など多様な分野に適用することができます。


韓国で事業を拡大しながら、大変なことはありませんでしたか?


弊社の最重要課題は、常にレゴの本当の価値を伝えることです。弊社は単なる玩具メーカーとしてではなく、想像力、創造力、面白さ、学習、思いやり、品質などをすべて揃えた真の遊び文化を広げるために取り組んでいます。

韓国の消費者はレゴのブランドと教育的価値に高い意識を持っています。しかし、何かを一緒に作ったり、共有できるようにするレゴの社会的機能に対する認識はまだまだ低い。私たちはその認識を変えたいです。

一つ例えてみましょう。韓国の両親は子どもが何度も繰り返しレゴを組み立てるように説明書をコーティングして置くと聞いています。しかし、レゴの本当の価値はただ説明書通りに組み立てることではありません。持っているブロックをすべて集めて、自分の想像力を働かせ、全く新しいものを創造するところにあります。


事業の力量を強化するために、韓国の企業と協力していますか?


韓国の小売業者と非常に密接な関係を維持しています。長期にわたり築き上げられた基盤のもと、お互いプラスになる関係を構築しています。レゴグループの大きな枠を受け継ぎ、相互価値の創出という約束を守るため、協力会社の立場をできる限り尊重しています。協力における命は、両社の信頼だからです。


最後に、レゴ・コリアが追い求めるビジョンがあるなら教えてください。


私たちの最重要目標は、できる限り多くの子どもとコミュニケーションしながら明日を担っていく主役を励まし、また養成していくことです。そのためには、何かを作る際に覚える楽しさと創造を通じて得られる誇りを伝えていくことが大事でしょう。レゴの中核価値は、韓国においても世界中と同様に子どもの未来のための想像力、創造力、面白さ、学習、思いやり、品質に他なりません。


By Esther Oh (estheroh@kotra.or.kr)
Executive Consultant/Invest Korea



メタ情報