本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

韓国進出の成功事例

  • Home
  • Why KOREA
  • 韓国進出の成功事例
[卸売・小売 / スウェーデン] イケアコリア(IKEA KOREA)
作成日
2020.06.17
ヒット
803


KOTRA Expressは、イケアコリアのイケアコリア代表とのインタビューを通じて、韓国内の企業活動とともにホームファニシング産業に関する談論を共有する。


イングヴァル・カンプラード(Ingvar Kamprad)は1943年、スウェーデン南部地域の小さな村エルムフルト(Älmhult)郊外にイケア(IKEA)を設立する。最初は1台の自転車で注文を受けた商品を配達していた小さな雑貨店に過ぎなかったが、当時10代の少年が創立した同社は、世界中で素敵なデザインと機能、高品質、リーズナブルな価格、人と環境の価値を考慮するグローバル家具メーカーへと成長する。

イケアとは、暮らしへの情熱や幸せを、「家」という空間に反映させる価値を生み出す企業である。また、イケアの製品を通じて消費者はより良い環境と空間をデザインする。 こうしたビジョンは、「素敵なデザインと実用性を備えた様々なホームパニシング製品をより多くの人々が利用できるようにリーズナブルな価格で提供する」という企業の哲学にもよく反映されている。

2014年12月、イケアコリアは光明1号店を開設し韓国市場に進出した。その後、2017年に高陽市に2番目の店舗をオープンし、翌年にはオンライン流通チャンネルを開設して、デジタル技術を活用した事業拡大に乗り出した。器興店と東釜山店を相次いでオープンし、ソウルに都心型店舗「イケアプランニング・スタジオ千戸」を披露したイケアは今後も引き続き様々な販売チャンネルを確保したファニシング小売企業に成長していく予定だ。

KOTRA Expressは、韓国内の企業活動とともにホームファニシング産業についてイケアコリア代表の意見を共有する。

韓国に関心を持つようになったきっかけを教えてください。

韓国との縁は90年代にソウル大学で修士課程を修了した時から始まります。今の妻に会った時もその時代でした。当時、海外の様々なイケア支店を転々としながら、目覚しいスピードで成長した韓国市場に戻りたいと常に考えていました。

そんな中、2017年にイケアコリアの副代表に抜擢され、その後、2019年に代表に任命されました。これまでの過程をはじめ、韓国との縁に感謝しており、ここでイケアの価値を共有することができて光栄に思います。

韓国に支店をオープンした理由を教えてください。

私たちはイケアのビジョンを具現化できる潜在的市場を常に探しています。また、優れたデザインと実用性を備えた様々なホームファニシング製品をより多くの人々が利用できるようにリーズナブルな価格で提供し、暮らしを豊かで幸せにすることが目標です。

実は、韓国支店のオープンを控えて、数年間、丹念に市場を分析しました。GDP、市場競争力、ホームファニシング市場の全般的な推移、リスクおよび苦情など多様な側面から要素を分析した結果、韓国が十分に可能性のある市場だと判断し、イケアの価値を通じてより多くの韓国人が自分だけの空間をデザインすることで、いわゆる「小確幸(小さいが確実な幸せ)」の喜びを味わって頂きたいと思い、韓国に進出することになりました。

韓国で企業活動を展開するメリットは何でしょうか?

高い教育水準と真面目な韓国の人材は立派な資産だと思います。また、韓国の消費者はトレンドに非常に敏感です。市場のトレンドを主導するだけでなく、創出する場合もあります。韓国人は価値ある消費と消費を通じた社会的メッセージの追求にも関心が高いです。

韓国市場を攻略するイケアだけの特別な戦略がありますか?

イケアは人間の生活で住居空間が持つ意味についていつも没頭しています。当社が提示するホームファニシングソリューションを通じ、自分の空間を必要に合わせてデザインし、人生の価値を向上させてほしいです。
すべてのビジネス市場は固有の特徴がありますが、イケアの場合は顧客優先の価値を最優先にします。支店オープンに先立ち、韓国の住居空間と顧客のライフスタイルをより理解するため、数多くの先行研究と現場訪問、事前調査などを行いました。

これらの研究結果に基づき、韓国人は住居環境を選択する際にも子どもを優先的に考慮し、収納と整理整頓に対する需要が高いということを把握しました。そこで、イケアはオフラインショップ、ウェブサイト、SNSなど様々なチャンネルを通じてリーズナブルな価格で最適のインテリアソリューションを提供し、空間活用を極大化できるようにしました。

また、各市場固有の多様性と選好度を反映して策定した価格決定モデルもイケアだけの販売戦略だといえます。 こうした場合、消費者の反応が良い製品を、より低価格で供給することができます。実際、市場では中国で製作した商品が中国現地より韓国でより安く流通している場合もあります。したがって、このような市場のフィードバックを反映して価格を決めるのです。
このように、私たちは需要が大きい製品の価格競争力を確保するために絶えず努力しています。

韓国1号店のオープン5年目にして、イケアは空間に対する感性を画期的に変え、多くの韓国人に愛されています。これからは韓国の顧客もインテリアの魅力を体験し、家をより美しく変身させ、愛着を持つようになると期待しています。

外国人投資企業が韓国で関心を持っている事業や分野についてお話したいと思います。

韓国は限りない潜在力と魅力的なビジネス環境、そして優れた人材を持つ市場です。どんな事業や分野でも付加価値を創出できれば、良い投資機会になると思います。

韓国でビジネス機会を模索している企業や投資家の方々にアドバイスをお願いします。

ホームファニシング流通市場で多様な販売チャンネルを通じ、市場をリードしていくことがイケアの長期的な方向性です。その始まりは、多くの人々が居住空間で健康な休息と幸せな日常を過ごせるようにする使命から始まったと言えます。

どんなビジネスでも現地市場と顧客の特性、ニーズを把握することが重要だと思います。これを通じて顧客も企業のアイデンティティと事業内容を理解しているからです。市場に進出して売上を拡大することも重要ですが、消費者が企業の製品とサービスに関心を持ってもらうことも重要でしょう。

ビジネスパートナーシップを強化するため、協業している韓国企業または公共機関を紹介してください。

現在、店舗を運営中の各自治体と緊密に協業しており、地域社会に貢献できる企業になろうと努力しています。良質の雇用創出と先進的な雇用環境のため、韓国の雇用労働部と女性家族部などとも協力しています。

社会に貢献できる企業になるために、イケアはセーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)、世界自然保護基金(WWF)、韓国女性財団(Korea Foundation for Women)のような非営利機関とも提携し、長期的に自然環境と人間の暮らしを改善しようとする努力に参加しています。

イケアのような海外企業により理想的なビジネス環境を提供するために必要なのは何だと思いますか?

韓国に進出し長期的な視点で現地の雇用まで責任を負っている外資系企業として一言申し上げますと、市場で必要とされる安定的かつ透明な関連法案および制度を設けることが最も重要だと思います。

韓国とアジア市場における今後の事業計画について紹介してください。

イケアは顧客のニーズを把握し、ソリューションを提供できるように努力しています。よりリーズナブルで安らかな体験を提示し、さらなる可能性を創出できる機会を模索しています。

急変する流通環境で、私たちはどこでも、いつでも、いかなる形であれお客様が当社が追求するライフスタイルに接してほしいと思います。これこそ、私たちが各都市で様々な方式のプラットフォームを運営し、開発する理由です。

このような時代の流れに沿って、イケアコリアはより新しい方法で韓国の顧客に会おうとしています。2019年12月12日に設立した器興2号店と2020年2月13日にオープンした東釜山店に続き、ソウルに初の都心型ホームファニシングコンサルティングソリューションのイケアプランニングスタジオ天号を今年4月30日にオープンしました。私たちは首都圏地域に今後もさらに多くの都心型接点プランニングスタジオを確保し、市場を拡大しようとしています。

事業を拡張するにおいて韓国ほど興味深い市場はないと思います。価値創出と成長を図る企業として、イケアはこれからもより新しい方法で私たちのビジョンを共有していきたいです。

私たちの空間をより豊かにし、人間尊重を実現できる包容的な場所としてデザインします。グローバル流通企業として、そして持続可能な未来に向けて先頭走者として、より公正で寛容な社会の実現に貢献するように、人間と環境のために最善を尽くしていきたいです。このような価値は、究極的には循環経済(サーキュラーエコノミー)を生み出し、私たちの暮らしをより健康で持続可能なものにすることができると思います。



By Grace Park
Executive Consultant
Investment Public Relations Team / Invest Korea
Korea Trade-Investment Promotion Agency (KOTRA)



メタ情報