本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索

韓国進出の成功事例

  • Home
  • Why KOREA
  • 韓国進出の成功事例
[自動車・部品 / ドイツ] アウディフォルクスワーゲンコリア(Audi Volkswagen Korea)
作成日
2021.03.26
ヒット
250

아우디폭스바겐코리아 르네 코네베아그



KOTRA Expressは、アグアウディ・フォルクスワーゲン・コリアのルネ・コネベアグ総括社長とのインタビューを通じて、韓国におけるアウディ・フォルクスワーゲン・コリアの事業戦略について共有する。


アウディ・フォルクスワーゲン・コリア(Audi Volkswagen Korea、以下「AVK」)は、2004年にドイツのフォルクスワーゲングループ(Volkswagen Aktiengesellschaft)傘下のアウディAG(Audi AG)が100%出資して設立された国内法人である。フォルクスワーゲン(Volkswagen)、アウディ(Audi)、ベントレー(Bentley)、ランボルギーニ(Lamborghini)の4つのブランドを韓国で販売しているAVKは、最近「トゥモロード(TOMOROAD):未来(Tomorrow)と道(Road)の混成語」というCSR(企業の社会的責任)活動を展開し、韓国社会の成長に貢献している。

韓国輸入自動車協会会長でもあるルネ・コネベアグは、ドイツ・フランクフルト出身で、ギーセン・フリートベルク(Gißen-Friedberg)大学で経済学と機械工学を専攻した。その後、アウディ・フォルクスワーゲン中東法人及びVIP販売担当、アウディスポーツ販売総括、アウディ中国ブランド運営総括、アウディ香港・マカオ社長などを歴任し、幅広い経験を積み重ね、2017年からはAVKを指揮している。

ルネ・コネベアグ総括社長を通じて韓国におけるフォルクスワーゲングループの営業現況と事業戦略について紹介する。



AVKについて紹介してください。


AVKは2004年、ドイツのフォルクスワーゲングループ傘下の4つのブランド(フォルクスワーゲン、アウディ、ベントレー、ランボルギーニ)の韓国販売を担当しています。多様なブランドを取り扱うので、国内顧客のライフスタイルと特性に合わせて多様なモデルを販売しており、これを通じて国内輸入車市場の成長をリードしています。



2015年以降低迷していたAVKが2020年大幅に反発したと聞きました。その秘訣は何ですか。


当社は過去3年間、顧客の信頼回復を最優先に、組織、業務プロセスなど経営全般の改善とともに本社と韓国政府とのコミュニケーション強化を推進してきました。その結果、2018年から200件以上の政府車両形式承認(Homologation)を獲得し、2020年には54種の新たなモデルを発売しました。前年比2倍以上増加した43,727台の販売量は、これの付随的な結果と言えます。

人的基盤の強化、そして企業文化の改善も業績改善の要因です。最近の相次ぐ業績不振にもかかわらず、当社は持続的に新規雇用を行い、代理店ネットワークを維持しました。これとともに、職員の競争力強化、そしてワーク・ライフ・バランスのための様々なプログラムを運営し、長期的な視点で成長基盤を強固にしました。

Cover story photo 1


韓国市場におけるAVKの事業戦略は何でしょうか。2021年の計画と展望についても一言お願いします。


当社は、大衆ブランドのフォルクスワーゲンからプレミアムブランドのアウディ、スポーツブランドのランボルギーニ、そしてラグジュアリーセダンのベントレーの4つのブランドを活用し、顧客のライフスタイルと特性に合わせた様々なモデルをご提供します。

2021年に当社は20種以上の新モデルを発売する予定です。電気自動車が徐々に普及しつつある現状に対応して、電気自動車のポートフォリオも拡大していく予定であり、今後3年間にわたって8つの新しい電気自動車を発売する予定です。2023年までに電気車の売上の割合を現在の10倍以上の11%まで拡大し、内燃機関中心のポートフォリオを電気自動車も含めて多角化する計画です。



過去3年間の販売不振にもかかわらず、韓国で営業網を維持した理由は何でしょうか。


フォルクスワーゲングループにとって韓国は非常に重要な市場であり、韓国の営業網はフォルクスワーゲングループ、そしてAVKにとって重要な資産です。そのため、AVKとフォルクスワーゲングループは、韓国における販売店が安定的な営業活動を展開できるよう、積極的に財政的な支援を行っております。

AVKは、フォルクスワーゲングループの協力で、過去3年間、約2,680億ウォンを韓国の営業網に投資しました。その結果、2017年には147店だった販売店が、2020年には163店まで増加し、2016年からは販売店の営業マンなどの間接雇用を含む3,700人以上の雇用創出を提供してきました。



Cover story photo 2



AVKは韓国の雇用創出にどのように貢献していますか。


当社は2015年から始まった業績不振にもかかわらず、韓国における雇用創出のために努力しています。特に、過去3年間にわたってAVKは直接雇用を10%以上増加させ、2017年には196人だったAVKの従業員数を2020年には217人にまで増加しました。

これとともに韓国における役員の割合も拡大しています。2020年末現在、AVK所属の管理者のうち、韓国人の割合は83%で、2017年比20%P以上増加しました。管理者の役職のうち、女性人材の割合は30%で、女性人材の役員任用も持続的に拡大されています。



AVKは教育、環境分野における企業の社会的責任(CSR)活動を続けているとされています。AVKのCSR活動の方向性と、今年予定されているCSR活動について紹介してください。


AVKは韓国で持続可能な成長を図り、顧客信頼、そして市場競争力を回復しようとしています。このため、当社は毎年独自のCSR活動に参加しています。

最も代表的なAVKのCSRイニシアチブは、2018年に発表された「TOMOROAD」と言えます。明日(Tomorrow)と道(Road)の混成語であるトゥモロードは、未来の人材養成、気候変動への対応などを包括する未来志向的CSR活動です。当社は2019年からトゥモロード活動に50億ウォンを投資し、今後2年間、追加で50億ウォンを投資して第4次産業革命をリードする人材育成と気候変動対応に貢献する計画です。

この活動のメインプログラムは、トゥモロードスクールです。全国から約6,400人の学生が参加する名実ともに全国代表の未来人材育成プログラムであるトゥモロードスクールは、3月からオンラインでカリキュラムを実施しています。

当社は昨年12月に教育部と国立特殊教育院と業務協約を締結し、障害学生のためのトゥモロードスクールの運営に向けて努力しております。現在まで5つの特殊学校が障害学生のためのトゥモロードスクールへの参加を申請しており、追加参加校を募集しています。

通学路のグリーン化事業、教室の森造成事業、植栽キャンペーンなどで構成された気候変動への対応も、2021年にも持続的に展開していく予定です。



Cover story photo 3




By Grace Park
Executive Consultant
Investment Public Relations Team / Invest Korea
Korea Trade-Investment Promotion Agency (KOTRA)
gracepark@kotra.or.kr

メタ情報