本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索

韓国進出の成功事例

  • Home
  • Why KOREA
  • 韓国進出の成功事例
[自動車・部品 / アメリカ] パーカーハネフィン・コリア(Parker Hannifin Korea)
作成日
2012.01.11
ヒット
1506
success stories

アジア市場のための中核投資基盤

パーカーハネフィン・コリア、
自動車から汽車、棚に至るまで様々な機械にシステム及びソリューションを提供

数値だけで考えると、パーカーハネフィングループの中でパーカーハネフィン・コリアはあまり目立つ存在ではない。パーカーハネフィン米国支社が120億ドルの営業規模を誇る一方、韓国支社の営業規模は4億ドル程度に過ぎない。米国支社が52,000人の職員を雇用している反面、韓国支社の職員数は1,000人程度だ。しかし、パーカーハネフィン・コリアには、単なる数値では表せない素晴らしさがある。

パーカーハネフィン・コリアはモーションコントロール部門でトップの座を占めているパーカーハネフィン社が推進している対アジア市場投資戦略の出発点として、1986年に韓国企業の和承(ファスン)との合作投資によって設立された。その後、韓国市場における数回のM&Aと投資を通じて成長してきた。現在、新規投資は中国市場を中心に行われている。しかし、中国市場への進出もある意味ではパーカーハネフィン・コリアが韓国市場で収めた成功によって実現できたとも言える。

パーカーハネフィン・コリアのユ・シタク(柳時卓)総括代表は、「追加的な投資支援及び韓国市場を超えたアジア内新規市場への進出という側面から見ると、韓国市場は大変重要だ」と述べた。

パーカーハネフィン・コリアはソウルに本社を持ち、韓国内に5社の系列会社と4ヶ所の製造工場を置いている。モーション(流体コネクタ、油圧器、自動化)及びコントロール(ろ過、温度制御、産業用制御、計装及び封印)に関するソリューションを建設最大手を始め、OEM顧客と販売業者に提供している。

建設装備部門の主要顧客には斗山インフラコア、現代重工業及びボルボ建設機械があり、その他産業部門の顧客にはサムスン、灰ニックス、POSCO、起亜自動車、SK、CUCKOO Homosysがある。

ここ10年間を通じて売上げは4倍近くまで成長し、輸出を通じて記録した売上げは現在6千万ドルを超えている。韓国で生み出される収益の80%は自国内生産を基盤にしており、残りの20%は米国及び欧州での生産を基盤にしている。ユ代表は、1997~8年のアジア通貨危機以降からグローバル企業顧客が増加したことで急成長を成し遂げることができたという。

通貨危機後、パーカーハネフィンはパーカーハネフィンコネクタ・コリアを吸収合併し、アジア市場で事業を拡大した。さらにユ代表は2000年初当時、パーカーハネフィン・コリアの主要顧客だったサムスン、LG、POSCO、現代などのグローバル韓国企業が一定規模以上に成長を達成し、グローバル協力会社が必要になったと話す。

パーカーハネフィン・コリアの成長に決定的な影響を与えた主要な要因としては、自動車及び掘削船などあらゆる場所で使われる連結ホースと連結金具、工場の自動化に必要な空圧シリンダー、自動車の温度制御装置及び燃料ろ過装置、産業装備、船舶用の油圧バルブ及びパンプなどの多様な製品ラインを挙げることができる。

ユ代表は「ほとんどの動きは油圧及び空圧技術によって成り立つ」とし、「だから、私たちがすべての動きにおいて中核的な位置を占めていると考えている」と述べた。

質の高い顧客サービスも、もうひとつの成功要因として挙げることができる。ユ代表は、顧客サービス部門こそパーカーハネフィン・コリアが最優先して重点を置いている部門だと強調した。道谷洞に位置しているパーカーハネフィン社屋に亜イルと、「今日は何をすればお客様を喜ばせるだろう」と書かれた明るい黄色の表示板がある。この質問に対する答えは、トレンドの変化に合わせて企業自身も変化していくことだ。韓国のグリーン成長というトレンドに歩調を合わせ、パーカーハネフィン・コリアは再生エネルギー、エネルギーの貯蔵、ハイブリッドカー及び生命科学産業にも関心を持って参加している。

パーカーハネフィン・コリアは今後2年内に年間売り上げ6億ドル、4年内に10億ドル達成を目標として掲げている。ユ代表はパーカーハネフィン社がアジア市場への進出を図るために新規R&Dセンターを設立するなど、様々な取り組みを行っていることについて前向きに捕らえている。

By Chang Young (young.chang@kotra.or.kr)
ご存知ですか?
  • パーカーハネフィン・コリアはCuckoo炊飯器に使用された圧力制御バルブの製造メーカーだ。
  • パーカーハネフィンのモットーは「モーションがある所にパーカーがある」だ。
  • パーカーハネフィン・コリアの1,000人の職員は全員韓国人だ。
  • パーカーハネフィン・コリアのユ・シタク総括代表は、2010年「外国企業の日」に外資誘致の功を認められ、大統領表彰を受賞した。
メタ情報