5 ジェニーキャピタルコリア(Genii Capital Korea)詳細を見る | 韓国進出の成功事例 | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

韓国進出の成功事例

  • Home
  • Why KOREA
  • 韓国進出の成功事例
[金融・保険 / 香港] ジェニーキャピタルコリア(Genii Capital Korea)
作成日
2013.03.18
ヒット
2120


投資家とチャンスを結びつける

ジェニーキャピタルのアジア事業をリードし、新興市場に目を向ける「ジェニーキャピタルコリア」

ジェニーキャピタルコリア(Genii Capital Korea)のオフィスは単なる事務室ではない。それどころか、事務室のようには見えない。

そこにはパーティションで仕切られた空間も、事務室も、会議室さえもない。光を取り入れるガラスドア包まれ、よく整ったその空間には、2つの机とコーヒーバー、「Genii Business Exchange(ビジネス交流)」というフレーズが刻まれたF1レースカーのレプリカが置かれ、パブロ・カザルスのバッハチェロ組曲が流れている。

会議は休憩室(レプリカのそばにある丸いテーブル)で行われる。天気の良い日にはパティオ(中庭)で行われたりもする。別のパティオには、ジェニーキャピタルコリアのチェ・ジン代表の子供たちのためにジャングルジムが置かれている。

チェ代表は数年前、会社の協力的なビジネス方法が反映された空間で働かなければならないと考え始めた。ルクセンブルクを拠点とする投資管理及び金融諮問会社のジェニーキャピタルに属しているジェニーキャピタルコリアは、ジェニーキャピタルの対アジア事業の監督だけでなく、他の支店(ロンドン、ジュネーブ、ルクセンブルク)との緊密な協調を通じて投資家にグローバルチャンスを与えている。ジェニーキャピタルはサンパウロから上海まで世界中に位置している金融パートナーを通じて事業を展開している。

マスタード色をしたプーマの上着を着たチェ代表はポケットチーフを振りながら、「我が社の強みは、世界中から取引と資本を集めるところにあります」と話した。

ジェニーキャピタルは技術、自動車、エネルギー及び不動産分野に対する投資管理サービスを提供しており、企業M&A、資本市場、ビジネス開発及び戦略的なパートナーシップ分野では企業と政府を対象に独立的な金融諮問を提供する。ジェニーキャピタルはポラロイド社の主要子会社で写真・プリンタ向けのエコ紙を販売するZink Imaging社に資金を投資しており、2009年にはロータスF1チームを買収した。F1レースカーのレプリカがオフィスの真ん中に置かれているのはこうした理由がある。

ロータスF1チームの買収に関してチェ代表は、「F1チームは、いい人々に出会うための良い窓口です。会社の収益を引き上げ、事業を拡大するための投資だと考えています」と答えた。

ジェニーキャピタルコリアはモンゴルと中国、最近はミャンマーを含む新興市場にフォーカスを当てており、民族資本に関するチャンスにも注目している。ジェニーキャピタルコリアは2005年、不動産基金及び諮問を専門にするルクセンブルクの大手不動産開発企業のIkogest社の韓国支社としてスタートした。現在、チェ代表と職員たちは生命保険会社及び地域型の年金基金などグローバル投資を希望する多くの機関投資家と一緒に働いている。

チェ代表は「チェボル(財閥)だけでなく、機関も海外に進出を果たしています。韓国の製品ではなく、資金が海外に進出するのが新たに大きな流れになっています」と話した。

ジェニーキャピタルコリアは、資本不足の中でも高速成長を果たしているモンゴルで資金調達のチャンスを模索している。ジェニーキャピタルコリアは昨年、2件の不動産契約を締結した。1件はロンドンで韓国の大手生命保険会社と、もう1件は金海(キムへ)で行われた。

チェ代表は「韓国を唯一な市場だと考えるつもりはありません。韓国に基盤を置いてはいるものの、地域ベースで、さらにはグローバルな目線で考えています」と話した。

限界を超えた考え方をも求めるジェニーキャピタルコリアのこうした努力は、会社の位置からもわかる。ジェニーキャピタルコリアはソウル論峴(ノンヒョン)洞にある家具街のある家具屋の上階に位置している。会社の規模や戦略的な面から考えると小さな規模でも、投資家にチャンスを与え、韓国資本に特化したソリューションを開発するために国境を越えたアプローチのやり方を貫いている。

チェ代表は、「このやり方は韓国型のビジネススタイルではありませんが、現在のトレンドだと言えます」と話した。

By Chang Young (young.chang@kotra.or.kr)

ご存知ですか?
ㆍジェニーキャピタルの共同設立者であるGerard Lopez氏は、1998年にMangrove Capital Partners社を設立した。Mangrove Capital Partnersはスカイプ(Skype)を発掘し、30億ドルで買収してスカイプの重要投資家になった。これはMangrove Capital Partnersの主な投資成功ケースとされる。
ㆍジェニーキャピタルコリアのチェ・ジン代表は2010年、国土海洋部の投資諮問委員会長を歴任した。
メタ情報