本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索

韓国進出の成功事例

  • Home
  • Why KOREA
  • 韓国進出の成功事例
[自動車・部品 / ドイツ] マンドヘラーエレクトロニクス(MHE:Mando-Hella Electronics)
作成日
2015.06.05
ヒット
1533

韓国でパートナーに出会う
マンドヘラーエレクトロニクスは、韓国から世界へ跳躍するため、「統合」の精神を追求している。

ネットワーク、結婚、子育て…。マンドヘラーエレクトロニクス(Mando-Hella Electronics=以下、MHE)を修飾する言葉だ。MHEは「結婚」に例えることができると、同社のMarkus Stehle副社長は話す。韓国の萬都(マンド)社とドイツのヘラー社は「良い結婚」と同じように、相互協力の下にMHEを設立した。Stehle副社長にとって、自動車産業は一つのネットワークだ。MHEはグローバルネットワークの中で、持続的で信頼できるパートナーになるとの目標を掲げている。合弁会社のような新会社を設立することは、子どもを育てることに似ている。ハイハイし、歩き、走るようになる成長過程の中で、競争力をつけていく。「韓国で会社を設立し、成長させていくことはとても楽しく興味深いことです。韓国は非常に即興的で、新技術に対するオープンな姿勢を持っているからです。私たちが他の国ではなく、韓国を選択するようにする要素とも言えます」とStehle副社長は語る。

2008年に設立されたMHEは、自動車電子制御専門会社だ。マンドは自動車部品メーカーで、以前にも韓国に合弁会社を設立した経験のあるヘラーは自動車部品を供給し、自動車ドライバー・アシスタンス・システムを開発する会社だ。

MHEは両社のシャシーシステム、電子及びドライバー・アシスタンス・システムを構築している。MHEは現代起亜(ヒョンデ・キア)自動車などの顧客に、このようなシステムを供給するため設立された。「OEM(相手先ブランド製造)に慣れなければなりません。自動車産業と消費者産業とは、全然違います。自動車を短期間で生産することはできません」。

MHEはブレーキ、操縦装置、センサー及びドライバー・アシスタンス・システムの生産だけでなく、研究開発・販売などの活動も展開している。MHEは2011年、韓国に続き中国蘇州市に事務所を設立した。約900人のMHE役職員のうち、100人以上が中国事務所に派遣されている。MHEの戦略は、製品開発を中心とする韓国での成長を通じて、国際的な存在感を高めていくことだ。

今年中の発効を予定している韓中FTAにより、MHEの中国事業にはさらに拍車がかかるものと見られる。Stehle副社長は、「当社はより効果的な生産戦略を立てることができます。韓中FTAは、私たちにさらに高い柔軟性を提供し、一層効率的な計画を策定して事業を世界に拡大できるよう後押ししてくれるでしょう」と述べる。

MHEグループは昨年計43億ウォン(3億9千万ドル)の売上を上げた。MHEは品質を最も重要視しており、生産段階の前から品質確保のための努力を展開している。「品質は商品コンセプト段階ですでに決定されます。当社はオペレーターのエラー、ハードウェアの故障や環境変化など、安全管理のための設備が正常に作動するよう、最高レベルの機能安全を適用しています」。

MHEは韓国で初めて機能安全要件を遵守した企業の一つだ。同社は生産を開始した2010年以来、「韓国初」のタイトルをいくつも保有している。韓国で初めて、死角検知及び車線変更のための24GHzのレーダー探知器を開発した。現代起亜自動車のK9は、この技術を採用した韓国初のモデルだ。

またMHEは燃料削減に役立つ、操縦装置に必要な「パワーパック」を韓国市場に初めて投入した。ひっきりなしに水力システムを稼働させる水力操縦装置の代わりに、「パワーパック」技術は操縦中にのみ稼働する電子モーターを使用する。製造会社各社は、二酸化炭素の排出を押さえ、燃費を改善するために力を入れている。その解決策の一つになるのが、ほかならぬ電化(electrification)だ。

「当社は燃料削減のため、より多くのエネルギーシステム関連商品を生産すると共に、自律走行の実現に向けて機能開発に力を入れる考えです。誰もが予想するように、完全な自律走行を実現するためには、その周辺環境を感知できる多くのセンサーが必要です」とStehle副社長は話す。最近発売される自動車には、1960~70年代より多くの電子デバイスやソフトウェアが投入されている。これを受け、MHEは電子技術及びソフトウェアに集中的な投資を行っている。韓国の自動車市場について「非常に成熟した市場」と表現したStehle副社長は、韓国市場で成長するには新製品の開発に注力しなければならないと強調する。

「顧客との距離がどれだけ近いかによって、大きな違いが出てきます。現地化は韓国だけでなく、どの国でも成功のためには避けて通れない過程です。当社は韓国に位置しているため、韓国の会社といえます」


By Chang Young (young.chang@kotra.or.kr)
Executive Consultant / Invest Korea


ご存知ですか?
ㆍMHEは「2009年外国企業の日」行事で、産業通商資源部長官賞を受賞した。
ㆍMHEは、大韓民国仁川広域市に所在している。
メタ情報