本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
企業3社、全羅北道に800億ウォンを投資
作成日
2015.12.18
ヒット
151

炭素素材先端企業のイ・エヌ・コリアなどの3社が、全羅北道に約800億ウォンを投資することにした。

10日全羅北道によると、イ・エヌ・コリアとユセル、R&Dersの3社は同日、全羅北道の益山と完州に投資するための協約を締結した。

これらの3社は今後800億ウォンの投資を実施する計画で、これによる新規雇用創出効果は約380人に上る見通しだ。

イ・エヌ・コリアは炭素素材先端企業で、今年の売上が100億ウォンを突破するなど、急成長を遂げている。

ユセルは化粧品・医薬品分野へと事業を拡大しており、R&Dersは現代(ヒュンダイ)自動車の乗用車一次下請先だ。

イ・エヌ・コリアとユセルは益山第4産業団地に、R&Dersは完州テクノバレーに投資する計画だ。


原文記事
出所:ニューシース(2015.12.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。