本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
中国・ドイツ企業、金堤自由貿易地域に投資
作成日
2016.06.07
ヒット
169

聨合ニュースによると、


【全州聯合ニュース】ホン・インチョル記者=中国とドイツの企業が、全羅北道の金堤自由貿易地域に投資を行う。

中国の(株)ハンミウォンとドイツの(株)VDMメタルズコリアは全羅北道庁で2日、それぞれ20億ウォンを投入して生産工場を建設することを柱とする投資協約(MOU)を締結した。

ハンミウォンは今年20億ウォンを投入して金堤自由貿易地域に6000㎡の工場を建てた後、50人を採用し、年間300トンのスナック菓子類を生産して中国に全量販売する予定だ。

特にハンミウォンは中国の製造企業としては初めて全羅北道に投資するケースとなった。

ニッケル合金を加工・販売するVDMメタルズコリアも20億ウォンを投入し、10人を採用する計画だ。

ドイツに本社を置くVDMメタルズは、米国や韓国など7ヶ所の生産工場を運営し、年間1兆3千億ウォンの売上高を上げている。

ichong@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2016.06.02)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。