本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全州市、「IoTとICT融・複合」事業化に本腰
作成日
2016.07.19
ヒット
179

聨合ニュースによると、


【全州聯合ニュース】イム・チョン記者=全州市は新成長産業として浮上している炭素産業と3Dプリンティング、ドローン産業に続き、IoT(モノのインターネット)、ICT(情報通信技術)融・複合産業の育成に本腰を入れる。

これまで基盤構築が相対的に遅れていた「IoT」や「ICT融・複合」などの知識サービス産業分野で、関連教育・事業化を積極的に推進することにした。

全州情報文化産業振興院は今年国費4億5千万ウォンの支援を受け、IoT分野の体験型起業教育と事業化を進める。

「スマート創作センター」事業はアプリ・ウェブ、コンテンツ、IT融合、IoTなど、ITに関するオン・オフラインでの起業教育を提供し、優秀な起業チームの事業化をサポートするというものだ。

今月15日全州市庁で、「2016年スマート創作センターの起業教育参加者(起業チーム)募集のための説明会」を開催する。

同市はさらに、ICTスマートメディアセンター構築事業も加速化させる計画だ。

lc21@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2016.07.11)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。