本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
「海上風力の未来を予測する」 全北道、海上風力国際フォーラム開催
作成日
2019.04.29
ヒット
121

聨合ニュースによると、


【全州聯合ニュース】チェ・ヨンス記者=全北道と群山市が群山セマングムコンベンションセンターで「セマングム再生可能エネルギービジョンの実現のための韓国海上風力の挑戦課題及び推進案」をテーマとした国際フォーラムを24日に開催した。

同フォーラムは、駐韓デンマーク大使館、セマングム開発庁、国内外企業の関係者と海上風力専門家など約200人が参加した。

また、海上風力産業の育成と技術開発のためのビジョンを共有し、事業方案を模索するために用意された。

今回のフォーラムには、韓国海上風力市場の現況、海上風力タービンの開発動向、近海の風力タービンのための設計方法論、海上風力タービンの実証などが発表された。

全北道と駐韓デンマーク大使館は海上風力を含め、新再生可能エネルギー技術と政策を活発に交流することを協約した。

25日には部門別専門家の論議が行われる。

ソン・ハジン全北道知事は「海上風力分野の最新知識と技術を交換するグローバルネットワークフォーラム」とし「セマングムが世界最高の再生可能エネルギークラスターになるように専門家らの積極的な協力をお願いしたい」と述べた。

kan@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.04.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。