本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全北道「水素産業を集中育成 韓国で最高拠点目指す」
作成日
2019.08.28
ヒット
266

聨合ニュースによると、


【全北聯合ニュース】チェ・ヨンス記者=全北道によると、観光最高レベルの拠点地域を目指して水素産業を集中的に育成することを28日に明らかにした。

道は政府の水素経済政策に歩調を合わせて、既存の水素関連企業、研究機関、基盤施設をもとに韓国のグリーン水素生産1位を達成すると説明した。

道はグリーン水素生産・貯蔵の実証及び商用化拠点づくり、戦略産業分野と連携した水素融合産業の育成支援、水素電気自動車と充電ステーションの普及拡大、水素エネルギー人材育成と評価インフラの構築などを主な課題として提示した。

これを通じて2030年まで年間7万トンのグリーン水素生産・流通のシステム構築、8千人の水素人材雇用、5兆ウォンの生産誘発効果を創出すると計画を立てた。

全北道の関係者は「セマングムの再生可能エネルギー団地、扶安の新再生可能エネルギークラスター、完州の現代自動車・日進複合素材をはじめとする65社、大学内の40の関連学科など、水素産業育成に必要な基盤を保有している」とし「市・郡、関連機関、大学などとともに水素産業の育成に集中したい」と述べた。

kan@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.08.28)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。