本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
セマングム観光名所化の敷地開発を本格化へ 民間投資家公募
作成日
2020.03.03
ヒット
255

聨合ニュースによると、


【群山聯合ニュース】ペク・ドイン記者=セマングム開発庁によると、セマングム1号防潮堤から全北・扶安郡辺山面一帯の「観光名所化敷地」を開発する民間投資家を公募することを27日に明らかにした。

開発対象の面積は、観光名所化敷地であるセマングム広報官一帯の8万1千631平方メートルだ。

テーマパーク、リゾート団地、公共便益施設などを要件とする。

投資家が選定されると、来年上半期から本格的に事業を展開し2025年までに完了する計画だ。

4月10日までに募集し、6月から優先交渉対象者を選定する。

ベ・ホヨルセマングム開発庁開発事業局長は「民間資本を投入し観光客向けの名所やレジャーを提供する事業」とし「経験とノウハウを持っている企業の参加を希望する」と呼びかけた。

doin100@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.2.27)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。