本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
セマングムに未来型常用車部品開発団地の「テクビズプラザ」造成
作成日
2020.10.30
ヒット
82

聨合ニュースによると、


【群山聯合ニュース】ベク・ドイン記者=セマングム開発庁によると、自動車融合技術院がセマングム国家産業団地に「テクビズプラザ」を造成する入居契約を締結したことを28日明らかにした。

テクビズプラザは2022年までに546億ウォンを投じ、セマングム国家産業団地内の長期賃貸用地1万6500平方メートルの敷地に地上6階建て規模で建設される。

各種装備を備え、未来型商用車部品の技術開発と性能評価を支援し、自動車関連企業と研究所の入居空間も設置する。

早ければ来年初めに着工し、2022年末に完工する予定だ。

セマングム開発庁のヤン・チュンモ庁長は、「テクビズプラザの設立により、セマングムに入居した電気自動車企業の技術競争力が大きく向上し、未来車クラスター構築事業もさらに加速化することを期待している」と述べた。

doin100@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.10.28)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。