本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全羅北道‐ソウル市が「MICE」産業協力 「観光・展示の活性化」
作成日
2021.05.11
ヒット
101

聨合ニュースによると、


【全州聯合ニュース】ホン・インチョル記者=全羅北道によると、ソウル市とマイス(MICE)関連共同マーケティング協力のための協約を締結したと4月28日発表した。

マイス産業は、企業のミーティング(Meeting)、インセンティブ旅行(Incentives)、コンベンション(Convention)、展示(Exhibition)の四分野を総称するサービス産業を意味する。

1当たりの消費が一般旅行客よりはるかに高いため、観光収益と雇用創出効果が大きい産業として注目されている。

今回の協約は新型コロナウィルス感染拡大の長期化を受け、低迷したマイス産業の早期回復と新たな協力を通じた競争力の強化、外国人ツアープログラム支援などに向けて締結された。

両市・道は特化された文化観光コンテンツとマイスインフラを活用し、関連商品を開発・運営して地域の観光活性化を目指す。

特に2023年アジア太平洋マスターズゲームズと世界スカウトジャンボリーを開催する全羅北道は、これを機にマイス関連の国内外のイベントも積極的に誘致する計画だ。

ユン・ヨイル全羅北道文化観光体育局長は、「全北の文化観光コンテンツを活用した多様なマイスイベントを誘致してマイス産業の競争力を強化し、コロナ禍の影響を受けた観光とマイス産業に活力を取り戻したい」と述べた。

ichong@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.4.28)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。