本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
金堤市、二次電池メーカーのイエンプラスと351億ウォンの投資協約締結
作成日
2021.09.16
ヒット
7

聨合ニュースによると、


【群山聯合ニュース】イム・チェドゥ記者=全羅北道・金堤市によると、二次電池メーカーのイエンプラスが351億ウォン規模の投資協約を締結したと13日明らかにした。

同社は、電気自動車の素材や部品生産のために事業所を増設する予定だ。

投資協約の内容には185人の新規雇用も含まれた。

同社は二次電池、導電材(電気・電子を導く素材)、放熱パッドなどを来年から本格的に生産することになる。

金堤市は、企業活動に役立つ迅速な行政的・財政的支援を約束した。

金堤市の関係者は、「企業が早期に定着し、投資が活性化できるように積極的に支援する計画」と述べた。

doo@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.9.13)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。