本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全羅北道、スマートファクトリー・防衛産業・バイオ産業に挑戦
作成日
2024.01.09
ヒット
60


 

 alt=


(全州=聯合ニュース)イム・チェドゥ記者=全羅北道によると、昨年多くの二次電池(リチウムイオン電池)企業誘致に続き、今年はスマートファクトリー、防衛産業、バイオなど新未来産業に挑戦すると8日に明らかにした。

スマートファクトリーは3年にわたって大企業人材30人を採用し、地域の中小企業約300社のメンターとして活用する事業だ。

一例として、益山のスマート型キムチ工場のナリチャンは、サムスン電子所属の3人からメンタリングを受け、売上高が大きく増加した。

人の手が届かない工程にロボットを導入し、生産性を向上させた。

道は防衛産業関連の国家機関と研究・実証基盤造成のための業務協約を締結し、アンカー企業(リーディング企業)を誘致する計画だ。

また、キム・クァニョン全北同知事は、米国で開かれる世界最大の家電・IT見本市の「CES 2024」に出席するためにボストンを訪問し、製薬会社モデルナ(Moderna)を視察する計画だ。

道の関係者は、「今年からは防衛産業、バイオ分野などの企業誘致に集中する計画」と述べた。

doo@yna.co.kr

原文記事
出所:聯合ニュース(2024.1.8)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。