本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全北特別自治道、米総合病院研究所と業務協約を締結 バイオ人材育成
作成日
2024.02.06
ヒット
42


 

 alt=


(全州=聯合ニュース)イム・チェドゥ記者=全北特別自治道(全北自治道)がバイオ特化団地造成に一歩近づいた。

全北自治道は5日、ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院の医工学・ナノメディソン研究所とバイオ特化団地造成のための業務協約を締結した。

マサチューセッツ総合病院は、米国で最も長い歴史の医療機関で、医工学・ナノメディソン研究所は先端映像医学で人間の病気の診断と治療を目指す。

今回の協約により、研究所は全北大学、圓光大学と一緒にバイオ分野の人材を育成し、技術も交流することにした。

全北自治道のキム・グァニョン道知事は「道内の学界が世界最高レベルの研究陣と交流するために道が支援することにした」とし、「先端技術と研究方法を学び、人的ネットワークも構築していきたい」と述べた。

doo@yna.co.kr

原文記事
出所:聯合ニュース(2024.2.5)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。