本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
日本・フランス企業がセマングム産業団地への投資を打診
作成日
2011.03.11
ヒット
265
제목 없음

聯合ニュースによると、

日本とフランス企業がセマングム産業団地に投資する見通しだ。

セマングム・群山経済自由区域庁が4日に明らかにしたところによると、フランス系企業R社がセマングム産業団地に工場を設立して歯磨き粉や環境にやさしいタイヤなどの原料に使用されるホワイトカーボンを2013年から生産する計画だ。

同社はOCI(株)がセマングム産業団地に10兆ウォンを投じてポリシリコン生産工場を設立することにしたことを受け、ここで発生するスチームを活用する方針だ。

また、日系企業I社と外国会社との合弁会社2~3社もセマングム・群山経済自由区域への投資を積極的に検討していることが分かった。

セマングム産業団地の1工区埋立・造成工事は2012年に完了する予定で、鳴んないに2工区の埋立工事に着工する。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.03.04)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。