本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全北、8月輸出好調…前年同期比46%増加
作成日
2011.09.23
ヒット
211
제목 없음

 

聯合ニュースによると、

グローバル金融危機の中、全北地域の8月輸出が機械・鉄鋼などの海外販売の増加で高い伸びを記録した。

郡山税関は23日、先月の全北地域輸出額は111千万ドルで、前年同期に比べ46%増加したことを明らかにした。

輸入も52千万ドルと前年同期より61%増えたが、貿易収支は58千万ドルの黒字を記録した。

これで全北地域の今年18月黒字は計511千万ドルに増えた。

今年18月の輸出を品目別に見ると、機械類(154.3)、鉄鋼製品(56.4%)、化工品(55.2)、紙類(24.7)、電気・電子製品(19.9)の増加が目立った。

地域別では東南アジア(64.6)EU(64.1)、米国(55.5)、中国(53.6)の順で輸出が大きな伸びを記録した。

輸入品目のうち原材料ではアルミニウム(136.1)と鉄鋼剤(80.7)が、消費財では飼料(3737)と豚肉(538)の伸び率が比較的高かった。

原文記事

出所:聯合ニュース(2011.09.23)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。