本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全北、企業への補助金支援が徐々に効果
作成日
2011.11.29
ヒット
229
제목 없음

聯合ニュースによると、

全北道と市・郡が企業に補助金の支援を行うに伴い、その効果も次第に可視化している。

全北道は29日、民選4期以降現在まで計656社の企業を誘致し、そのうち70社に計1117億ウォン(市・郡費517おくウォンを含む)を補助金として支援したことを明らかにした。

補助金の支援を受けた企業の実際の投資額は約58千億ウォン、雇用は約1万人で、既存の計画よりそれぞれ32%21%増加した。

さらに、これら企業が2006年以降納付した地方税は計746億ウォンで道の支援額(605億ウォン)を超えており、企業誘致の効果で昨年の輸出の過去初めて100億ドルを突破した。

特に、同企業らに対する財産税の免除期間(5)が経ち、労働者数が増加すると地方税収はさらに増えると道は分析している。

それとともに、OCIなど約10社が113千億ウォンの追加投資を行う計画であり、6千人の雇用が新たに創出されると見込まれている。

道と市・郡は投資支援条例などを通じ、雇用創出のために海外企業や大規模の投資を行う企業に対して最高100億ウォンを雇用補助金と教育訓練補助金としてこれまで支援してきた。

しかし、6年間道内に投資を行った企業に1千億ウォン以上の補助金を支給しても実質的な効果があげられず、事後管理も充実していないという主張も最近道議会で提起された。

全北道nユ・ヒスク投資誘致課長は「他の市もやはり企業誘致のために補助金を支援している」とし、「これまで継続的な企業誘致によって輸出、人口、地方税、常用労働者などが大きく増えて地域経済の役に立ち、道内の産業構造も繊維・自動車中心から太陽光・先端素材・造船・食品などに高度化しているため、付加価値の創出が来たいされる」と話した。

原文記事

出所:聯合ニュース(2011.11.29)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。