本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全北、農水産食品の輸出が好調
作成日
2012.06.22
ヒット
228
제목 없음

聯合ニュースによると、

全北道の農水産食品の輸出校長が5ヶ月間続いている。

全北道は、5月基準全北道の農水産食品輸出額は7320万ドルと、前年同期間の5460万ドルに比べて33.7%増加したことを明らかにした。

これは6.5%に止まった全国の農水産食品の輸出増加率を大きく上回る。

東日本大震災の影響で農水産食品の輸出が困難だった日本はバラやパプリカ、キムチなどの輸出好調に支えられ、前年同期間より52%増加した2660万ドルの輸出を記録し、輸出国でトップとなった。

タイ・ベトナムはそれぞれ700万ドルと460万ドルの輸出額を記録し、東南アジア諸国への輸出増加が高い傾向を示した。

品目別には1640万ドルを記録した海苔が1位を占め、主力輸出品目の力を見せた。

バラは77.7%の輸出増加率を見せ、850万ドルの輸出額で2位を占めた。

540万ドルの輸出額を記録した鶏肉は益山のシングリンフードシステム社の冷凍鶏肉、()ハリムのサムゲタン輸出の好調などで新たな輸出戦略品目に浮上した。

全北道のソン・シンサン農水産局長は、「今年の農水産食品の輸出目標に掲げた2億ドルを達成するため、海外の大型流通店への入店を通じた安定的な輸出先の確保に向けて積極的な市場開拓活動を展開していきたい」と話した。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.06.21)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。