本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
圓光大病院、海外患者誘致の先導育成事業に選定
作成日
2013.02.28
ヒット
404
제목 없음

ニューシースによると、

全北益山市の圓光大学校病院が「保健福祉部の海外患者誘致に向けた地域先導医療技術育成事業」の公募で3番目に選定された。

今回の公募には全国から14市・道が応募して激しい競争を繰り広げ、政府はこの中で全北、大邱、大田、仁川、全南、ソウル、釜山、済州の8ヶ所を選定した。

特に、圓光大学校病院の洋方・韓方の協力診療によるガン治療都市事業は、韓方治療の選好度が高い地域から注目される可能性が評価された。

保健福祉部の公募事業は地域別に特化された医療技術と観光資源を結びつけ、急増しつつある海外患者を誘致するための戦略的拠点を拡大することに重点を置いている。

政府は、公募事業の対象に選定された地域の医療技術インフラの改善を積極的に支援する予定。

圓光大学校病院は医療技術の向上と海外患者の診療を、全羅北道と益山市は観光インフラの拡大及び行政・財政の支援を行う。

また、圓光保健大学校WMTCなどのコンソーシアム会社は、海外患者誘致のために外国人向け観光商品の開発及び患者誘致のマーケティング・広報を担当する。

原文記事

出所:ニューシース(2013.02.27)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。