本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全羅北道に主力産業19社移転
作成日
2013.12.23
ヒット
175

約4100億ウォン投資、2000人雇用する予定

聨合ニュースによると、

(全州=聯合ニュース)イム・チョン記者=核心素材産業の誘致に全力で取り組んでいる全羅北道に自動車、特装車、農業機械会社が移転する。

全羅北道は20日、道庁の総合状況室でRINNO ALUMINUM、ヨンドンテク、ハナ産業、DAEHOなどの自動車、特装車会社と農業機械会社19社と企業移転及び投資に向けた業務協約を締結した。

同企業は来年から群山国家産業団地と金堤地平線産業団地などに年次的に入居する。

同企業は敷地購入と工場の設立に412億ウォンを投資する。計193人を採用し、年間500億ウォンの売上高を上げる計画。

WOOCHANGは特装用シート製造、ヨンドンテクは自動車油空圧、J-winsは複合燃料タンク、YOUILENSYSは電動機発電機、ハナ産業はレーザー部品素材、ジンフンハイドテックは油圧バルブ、エルシスは交通システムなどを専門としている。

全羅北道のキム・ヨン政務副知事は「全羅北道に移転する企業が優秀な技術を基に競争力を強化し、受注するよう積極的に支援する」と話した。

lc21@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事

出所:聨合ニュース(2013.12.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。