本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
全州市、農産物の優秀管理認証・検査費を支援
作成日
2015.04.30
ヒット
151

聨合ニュースによると、

【全州聯合ニュース】ホン・インチョル記者=全羅北道全州市は28日、農産物の安全性を確保するため、農産物優秀管理(GAP)の新規認証及び事後管理検査費を支援すると明らかにした。

申請は、住所地または農地所在地の住民センターで11月30日まで受け付ける。

全州市は申請書や検査内容、費用などを認証機関に確認した後、GAP認証獲得のための土壌・水質・農産物の残留農薬や重金属など有害物質検査の費用を2月に一括清算して支給する計画だ。

GAP認証は、農産物の生産・収穫・管理・流通の各段階で農業環境及び農産物に残留する、農薬や重金属などの危害要因を適切に管理する制度だ。

全州市は昨年この事業を通じて、地域の295の農家と生産者団体に、計2700万ウォンの農産物残留検査費用などを支援した。

ichong@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>


原文記事
出所:聨合ニュース(2015.04.28)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。