本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
セマングム経済自由区域の立地選定、より自由に
作成日
2015.09.24
ヒット
129

セマングム経済自由区域の業種別の配置計画が撤回された。これを受け、企業がセマングム地区に入居するとき、自律的な立地選択が可能になった。

産業通商資源部・経済自由区域委員会は11日に第80次委員会を開催し、このような内容の「セマングム・群山経済自由区域セマングム地区の開発計画変更案」を審議・議決したと明らかにした。

変更案では、セマングム・群山経済自由区域セマングム地区の入居企業各社に合わせた開発を目指し、業種別の配置計画が撤回され、企業の自律的な立地選択の幅が拡大した。ただし、供給面積に変わりはない。

委員会の関係者は、「今回の開発計画の変更を受け、セマングム地区への入居希望企業の自律的な立地選択の幅が拡大し、分譲が活性化するだろう」とし、「今後対内投資誘致、生産増加、雇用誘発などを通じて、地域経済活性化に貢献できると思う」と話した。


原文記事
出所:ニューシース(2015.09.11)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。