本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

IKニュース

  • Home
  • IKの紹介
  • お知らせ・広報
  • IKニュース
KOTRA、外国人投資家と「韓国文化体験イベント」を開催
作成日
2017.05.29
ヒット
926


-ワンデーお寺体験(Temple Stay)を通して韓国の精神と文化を理解する契機を
-投資決定をさせる要因として生活環境がますます重要に…文化を通じた対韓投資環境の優秀性アピール


KOTRAの外国人投資誘致専門機関であるインベスト・コリア(Invest KOREA)は27日、ソウルの北漢山に位置する千年古刹(古いお寺)津寬寺にて駐韓外国人投資企業と外国プレスを招請し、韓国文化体験イベントである「Get to Know KOREA2017」を開催した。2009年から続いている同イベントは、駐韓外国人投資家らに優秀な投資と生活環境に対する友好ムード作りに貢献してきた。

今回のイベントには上野靖明韓国フジゼロックス代表理事やFrancois Mouzay新韓BNPパリバ資産運用専務など、駐韓外国人投資企業の役職員や外国プレスの家族約30人が参加した。参加者らは北漢山に位置する津寬寺を見学し、仏教の基本思想や教理について学び108の煩悩を体験するなど、仏教信者の修行を理解する時間を持った。続いて同寺の戒浩住持とのお話を通して世俗の煩悩を捨て自分を省みた。

インベスト・コリアの金容國代表は「文化体験イベントは駐韓外国人投資家に伝統と新しさが共存する住みやすい韓国をアピールするよい機会」とし、「ビジネス環境に劣らないほど生活環境も投資の意思決定に大きく影響するだけに、今回のイベントが魅力的な投資先の韓国に対する認識を高める契機になることを期待している」と話した。



出所 : Invest Korea (2017.05.29)

メタ情報