5 完成車メーカー5社昨年684万台販売、過去最大 詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
完成車メーカー5社昨年684万台販売、過去最大
作成日
2011.01.04
ヒット
1374
제목 없음

聯合ニュースによると、

韓国の完成車メーカー5社が昨年、世界景気の回復と新車効果を追い風に過去最大の販売実績を記録した。

自動車業界が3日に明らかにしたところによると、完成車メーカー5社の昨年の販売台数は、国内145万7962台、輸出538万5160台の計684万3122台と集計された。前年比25.7%の大幅増だった。国内販売は現代自動車がやや不振だったものの全体で5.2%増加。輸出は32.7%と、高い増加率を示した。

韓国トップブランドの現代自は、国内65万9565台、海外294万8877台の360万8442台を販売した。前年比16.1%の増加。国内販売は起亜自動車の善戦に押され前年より6.1%減少したが、海外では現地戦略モデルの販売増で現地工場稼働率が急上昇し、22.7%増加した。なかでも「ソナタ」が新旧モデル合わせ15万2023台(新型13万5735台)を売り上げ、1999年以来、12年連続でベストセラーの座を守った。

起亜自は国内48万4512台、輸出164万7019台の213万1531台を販売した。前年比38.9%の増加で、初めて年間販売実績が200万台を突破した。

GM大宇は75万1453台(国内12万5730台、輸出62万5723台)の販売で、前年より29.9%増えた。国内販売では昨年11、12月の2カ月連続でルノーサムスンを押さえ3位の座を獲得。新車7モデルを発売することしは、さらなる好調が期待される。

ルノーサムスンは前年比43.0%増の27万1481台を販売する善戦をみせた。国内は16.5%増、輸出は106.1%の急増を記録した。

インドの自動車大手マヒンドラ・アンド・マヒンドラを主に迎えた双竜自動車は、国内3万2459台、輸出4万9288台の8万1747台を売り上げ、昨年の目標(6万8562台)を19%超えた。12月だけで202台を販売し、2009年1月に法廷管理(会社更正法に相当)申請して以来、最多販売を記録した。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.01.03)

メタ情報