5 韓国・EU間のFTA、きょうから暫定発効 詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
韓国・EU間のFTA、きょうから暫定発効
作成日
2011.07.01
ヒット
717
제목 없음 聯合ニュースによると、

世界最大経済圏の欧州連合(EU)と韓国間の自由貿易協定(FTA)が1日午前零時から暫定発効された。

世界第一の経済圏で、中国に次ぐ韓国の貿易パートナーのEUとのFTAは、貿易、投資、サービスなど経済各分野の交易で新しい転機を迎えるとみられる。

EU加盟国の全人口は5億人で、米国(3億人)より多く、より大きな市場を形成している。さらに、EUは平均関税率が5.6%と、米国(3.5%)より高い。とりわけ韓国の主要輸出品目の自動車(10%)、テレビなど映像機器(14%)、繊維・履物(最高12~17%)などの税率が高く、FTAにより関税が撤廃されれば、韓国の輸出品がそれだけの価格競争力を備えることになる。

個別加盟国の批准手続きがまだ残っており、正式発効までには2年程度の時間が必要だが、EU加盟国全体の同意が必要な文化協力、知的財産権の刑事執行分野を除いた協定全体の99%がこの日から適用されるため、事実上、公式発効とみることができる。

交渉内容をみると、EU側は工業製品の全品目に対し、5年以内に関税を撤廃し、このうち99%は3年以内に履行する。一部敏感な品目は7年後に設定した。

関心を集めた乗用車の場合、双方はいずれも排気量1500cc超の乗用車は3年以内、1500cc以下は5年以内に関税を段階的に撤廃する。敏感な品目のコメは関税撤廃対象から除外した。

企画財政部は、韓国・EU間FTAが長期的にはサービス業22万人、製造業3万3000人の雇用増加効果をもたらすとみている。特に、自動車、自動車部品、カラーテレビなどの輸出が増加すると予想した。

さらに、対日貿易赤字が年々膨らむなか、精密機械や部品産業などの分野でEUが韓国の新たなパートナーとなれば、韓国の日本依存度が下がり、対日貿易赤字の解消にもつながると期待される。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.07.01

メタ情報