5 トムソン・ロイター、Top 100 グローバル・イノベーター発表詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
トムソン・ロイター、Top 100 グローバル・イノベーター発表
作成日
2014.11.07
ヒット
618

世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイターが6日、『Top100 グローバル・イノベーター』を発表した。韓国からはサムスン電子、LG電子、LS産電、韓国電子通信研究員などが選出された。

トムソン・ロイターは、保有する特許データを基に知財・特許動向を分析し、世界で最も革新的な企業/機関を2011年から毎年選出している。(報告書全文:http://www.top100innovators.com)

特許出願数、特許登録成功率、特許ポートフォリオの世界的な広がりなどの評価軸を基本とする。

トムソン・ロイターは、選出企業の収益増加率、 研究開発への増資率がS&P500企業とNASDAQ上場企業を2倍以上上回ったと紹介した。

国別では、日本が米国を抜いてトップに躍り出た。東芝、トヨタ、ソニーなど代表的な製造業39社が選ばれた。今年は初めて中国から1社(ファーウェイ)、韓国から1社(ERTI)が選出された。

Top 100 グローバル・イノベーターではアジアからの受賞企業が46社と大躍進し、北米からの選出企業が36社、ヨーロッパからは計18社 がそれぞれ選出された。

半導体および電子部品製造が21社と最も多く、アップルとグーグル、マイクロソフトなどIT企業が多数含まれた。

この他にも、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ノバルティス、ロシュなどの製薬企業も選出された。


原文記事

出所:ニューシース(2014.11.6)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
メタ情報