5 韓日の産業担当相が会談 エネルギー・通商協力強化で一致 詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
韓日の産業担当相が会談 エネルギー・通商協力強化で一致
作成日
2018.05.10
ヒット
449

聨合ニュースによると、

【ソウル聯合ニュース】 韓国産業通商資源部は9日、韓日中首脳会談に合わせて日本を訪れている白雲揆(ペク・ウンギュ)同部長官が8日に世耕弘成経済産業相と会談し、産業・エネルギー・通商分野での実質的な協力強化策を議論したと明らかにした。

白氏は自動運転車や燃料電池車(FCV)の分野で規模の経済を生み出し、世界市場をリードするため、研究開発(R&D)や実証実験、標準作りなどでの包括的な政策協力を提案。世耕氏は、日本も水素エネルギーを用いた燃料電池車と自動運転車を育成中だとし、協力の必要性に同意した。

両国はまた、液化天然ガス(LNG)の主要輸入国としてエネルギーの安定需給へ積極的に協力することで一致し、再生可能エネルギーや水素など未来エネルギーへの転換に向けた協力を深めることにした。

通商分野では、日本が議長国を務める来年の主要20カ国・地域(G20)首脳会議の成功、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)と韓国、中国、日本による自由貿易協定(FTA)の交渉進展を目指して協力することで合意した。白氏はRCEPの年内妥結に向け韓日が合理的、実用的な折衷案を模索すること、3カ国のFTA交渉で意味のある結果を出すため連携することを提案した。

世耕氏は、鉄鋼や半導体など供給過剰産業における市場をゆがめる措置を是正するためのG20の議論に韓国の協力を求めた。また、韓国の日本産水産物輸入を巡る紛争など両国通商懸案の円満な解決を要請した。

一方、白氏は経団連の榊原定征会長とも会談し、日本企業の韓国への投資拡大や新産業での協力強化、韓国の若者の日本就職に向け力添えを求めた。

tnak51@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.05.09)

メタ情報