5 6月の消費者物価1.5%上昇 石油類上がるも1%台続く=韓国 詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
6月の消費者物価1.5%上昇 石油類上がるも1%台続く=韓国
作成日
2018.07.03
ヒット
411

聨合ニュースによると、

【世宗聯合ニュース】 韓国の統計庁が3日発表した消費者物価動向によると、6月の消費者物価指数は前年同月比1.5%上昇した。上昇率は昨年7月から9月まで2%台だったが、10月以降は9カ月連続で1%台にとどまっている。

6月はそれまで大幅な値上がりが続いていた野菜類や畜産物の物価がやや安定する一方で、原油価格の上昇の影響で石油類や工業製品、交通などの物価が上がった。

石油類は10.0%上昇し、全体の物価を押し上げた。この上昇率は13カ月ぶりの高水準。中でも軽油が12.3%上昇した。

石油類の値上がりは原油価格が上昇したため。他にも交通費が4.1%上がり、昨年5月以来の大きな上昇率となった。工業製品も1.8%上がった。

一方、食品の物価を押し上げていた農畜水産物の値上がりの勢いは多少そがれた。農産物の上昇率は前月の9.0%から6月は6.7%に、野菜類は13.5%から6.4%にそれぞれ鈍化した。また、畜産物は7.4%下落した。

生活実感に近い、生活物価指数は前年同月比1.4%上昇した。

物価の長期的な流れを示すコア指数(農産物とエネルギーを除く)は1.2%上がった。

mgk1202@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.07.03)

メタ情報