5 第4次革命分野の創業企業育成 政府・期間の協業体系構築へ詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
第4次革命分野の創業企業育成 政府・期間の協業体系構築へ
作成日
2019.04.05
ヒット
404

聨合ニュースによると、

 


【ソウル聯合ニュース】キム・ヨンスック記者=中小ベンチャー企業部(以下「中企部」)によると、今月5日、11の関係部署、17の主管機関と共同で「予備創業パッケージの関係部署との業務協約」締結したことを4日に明らかにした。

協約では中企部をはじめ、科学技術情報通信部(人工知能)、文化体育観光部(観光)、産業通称資源部(VR・AR、新素材、知能型ロボット、モノのインターネット)、保健福祉部(スマートヘルスケア)、環境部(スマートシティ)、国土交通部(スマートシティ、自律走行)、海洋水産部(海洋新素材)、金融委員会(フィンテック)、山林庁(スマートファーム)、特許庁(ビッグデータ)などが参加する。

また、光州科学技術院、韓国ディスプレイ産業協会などの17機関が協業する。

両側は今月8日から5月7日まで、青年予備創業者400人を募集し、支援する計画だ。

予備創業パッケージは、39歳以下の青年予備創業者に最大1億ウォンの創業事業家資金を支援する事業だ。

募集分野は一般、女性特化、ソーシャルベンチャー、第4次産業革命分野に分ける。

中企部創業ベンチャー革新室長のソック・ジョンフンは、「革新的な創業アイデアがある青年創業者を支援するために、省庁別の能力を活用する同時に協力を強化したい」と述べた。

nomad@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.04.04)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
メタ情報