5 世界水泳 参加国数・選手数とも過去最多=韓国・光州で7月開幕詳細を見る | 投資ニュース | InvestKOREA(JPN)
本文のショートカット メインメニューのショートカット

Invest Korea

検索
検索
※ 以下のボタンをクリックすると、カスタム情報検索サービスが利用できます。
カスタム情報検索サービス

投資ニュース

  • Home
  • 情報センター
  • 投資ニュース
世界水泳 参加国数・選手数とも過去最多=韓国・光州で7月開幕
作成日
2019.06.14
ヒット
452

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】韓国南西部、光州で7月12日に開幕する世界水泳選手権への参加登録が13日午前9時に締め切られ、国際水泳連盟(FINA)に加盟する209カ国・地域のうち193カ国・地域の7226人が登録を済ませた。

大会組織委員会が伝えた。大会では競泳、アーティスティックスイミング、飛び込み、水球、オープンウオータースイミング、ハイダイビングの6競技が実施される。

参加国数は歴代大会のうち最も多く、参加選手数も2995人でやはり最多だ。前々回のロシア・カザン大会(2015年)には184カ国・地域の選手2413人、前回のハンガリー・ブダペスト大会(17年)には177カ国・地域の選手2303人が参加した。

国際大会の慣例上、締め切りが過ぎた後でも登録は可能。組織委は、北朝鮮などまだエントリーしていないFINAの16加盟国の水泳連盟を対象に、大会開催直前まで登録を受け付ける予定だ。

特に、北朝鮮に対しては組織委とFINAがさまざまなルートで参加を働きかけている。

今大会に参加登録を済ませたのは選手2995人、役員1621人、取材関係者1365人、FINA関係者583人など。選手団の人数を国・地域別に見ると、米国が242人で最も多く、次いで中国が232人、オーストラリアが229人、イタリアが204人、ロシアが174人の順。

韓国からは118人の選手・役員が参加する。

今大会には20年東京五輪出場権の43%が割り当てられており、いつにも増して激しいメダル争いが繰り広げられる見通しだ。

韓国の選手のうちでは、昨年のアジア大会の競泳女子200メートル個人メドレーで金メダルを獲得したキム・ソヨン、国家代表選抜戦と国内大会の東亜水泳大会で2回連続で女子100メートル背泳ぎの韓国新記録を更新したイム・ダソルらの活躍が特に期待されている。

tnak51@yna.co.kr


原文記事
出所:聨合ニュース(2019.06.13)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
メタ情報